痛みと音楽の関係性

最近、痛みに対して「音楽」に注目が集まっていることから詳しい内容を調べる為に論文検索を行ったところ2つの論文報告を見つけることができましたのでご報告したいと思います。

  • 手術後の痛みが音楽で軽減する
    その論文には、意識がある場合により効果が大きく全身麻酔を受けた患者でも効果があり音楽の種類は関係がないと報告されています。*1
  • 歌なしの音楽は高血圧を抑え、単なる安静よりもモーツァルト等のクラシック音楽が有効*2

以上より、音楽は痛みの管理に関して有効である可能性が示唆されています。
音楽に副作用が生じる事はまずないので、痛みに悩まれている方は音楽による疼痛軽減を試されることも良いと思います。
野中腰痛クリニックでも、治療中に音楽を利用して患者様が心地良く過ごせる空間づくりを心掛けています。


参考文献 参照元

※参考論文および文献※

*1:Hole J,Hirsch M,Ball E,et al:Music ad an aid for postoperative recovery inadults : a systematic review and meta-analysis. Lancet 386:1659-1671,2015.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26277246/

*2:Trappe HJ, Voit G : The Cardiovascilar Effect of Musical Genres, Dtsch Aeztebl Int 113 : 347-352, 2016.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27294814/

是非ご共有ください

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:4,061件
(平均77件/月・2018年6月~2022年10月まで)