クリニック
言語
受付電話番号

対応している腰の病気

NLC野中腰痛クリニックが対応する腰の病気一覧

腰痛の症状の原因はさまざまであり、原因に応じて腰の痛み方も患者様により少しずつ異なります。腰からふくらはぎにかけて痛みやしびれを感じるようであれば、すべり症や、坐骨神経の炎症、間欠性跛行などの可能性があります。腰痛で医師に相談するときには、どのように腰が痛いか、また腰以外にどこが痛いかなどを正確に伝えるようにしましょう。当院では、日帰り腰痛治療を導入しており、メスを使った治療を行いません。ご高齢の方にも負担が少ない治療を行うことが可能でございます。他の病院で手術をご検討の方のご相談もお待ちしております。

対応疾患

対応する症状

腰痛の病気に関するご質問と回答

  • Q

    一度切除したヘルニアが再発することはないのでしょうか?

    A

    一回の切除で痛みが緩和されることもありますが、切除した場合、その切除部分から椎間板の中にある髄核が漏れ出し再発する可能性があります。傷口をふさぐことで再発のリスクを下げる事ができるのはディスクシール治療(Discseel® Procedure)だけです。

  • Q

    腰部脊柱管狭窄症を治すには他にどのような治療方法がありますか?

    A

    外科的手術になります。
    脊椎固定術や内視鏡の手術で骨や椎間板を削り、骨を固定させる事で腰を安定させる治療法です。

  • Q

    腰椎すべり症と腰部脊柱管狭窄症の違いはなんでしょうか?

    A

    腰椎すべり症は椎間板の変形によって形を維持できず、前にすべり、後ろの神経を圧迫して痛みが生じることを言います。腰部脊柱管狭窄症は背骨自体の変形と不安定症から神経周辺に炎症が生じ、神経の後ろ及び側面から神経の通り道である脊柱管を圧迫することを言います。

  • Q

    腰痛と坐骨神経痛は何が違うのですか?

    A

    腰痛も坐骨神経痛も症状の総称で病名ではありません。また腰痛と坐骨神経痛の区別は非常に難しく、一般的には腰や下肢(足)への神経症状がでたら坐骨神経痛と考えられています。

  • Q

    変形した椎間板は手術せずに元の状態に戻ることはあるのでしょうか?

    A

    椎間板の損傷が軽い場合、自然治癒することがあります。自然に傷口が塞がると中の水分が増え、椎間板が本来の役割を果たします。しかし、傷口が深く線維輪も破れてしまっている場合には自然に治癒することは難しいことが多く、悪化すると腰椎椎間板ヘルニアや変形性腰椎症に繋がります。その場合はディスクシール治療(Discseel® Procedure)による治療の選択も考えられます。

  • Q

    変形性腰椎症と腰椎椎間板ヘルニアの違いはなんですか?

    A

    腰椎椎間板ヘルニアは椎間板の中の髄核が外に飛び出て神経を圧迫し痛みが生じる場合を指します。変形性腰椎症は椎間板の変性・靭帯の肥大・骨棘の出現などが原因で痛みが生じる場合を指します。変形性腰椎症から腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などに変化していくことがあります。

閉じる