言語選択
文字の大きさ
標準
拡大
06-6370-0505

坐骨神経痛/ 原因や症状、治療法

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは腰から足にかけて伸びる人体の中で一番太い神経が圧迫や刺激を受けることにより現われる症状の事を指します。坐骨神経に炎症が生じる事で、お尻や太もも、すね、ふくらはぎ、脚にかけて、しびれや痛みを感じます。そもそも坐骨神経に炎症が生じる病気が沢山あるので、坐骨神経痛は一般的な症状名の一つです。

坐骨神経痛イメージ
坐骨神経痛イメージ(拡大図)

坐骨神経痛の主な症状

坐骨神経痛には主に下記のような症状がみられます。臀部(お尻)や太もも、ふくらはぎ、足先が主な発症箇所になります。

  • 鋭く電気が走ったような痛みや痺れがある
  • ふくらはぎが張っている
  • 冷感・灼熱感がある
  • 足がだるい

また、悪化すると慢性的に痛みや痺れが現われ、重度な症状になると排尿・排便障害になることがあり、特に中高年の方に多く見られる腰痛の症状です。痛みで歩けない、いすから立ち上がることができない、といった状態になることがあります。

坐骨神経痛の原因

皆さんもご存知の、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症だけでなく、椎間関節炎、梨状筋症候群、仙腸関節障害……多くの病気が坐骨神経に炎症を引き起こすので、原因を探すのには、医療機関を受診してMRI等の検査が必須です。残念ながら整骨院やマッサージでは坐骨神経痛の本当の原因は分かりようが無いのです。また、いつまでも続く坐骨神経痛の痛みは治療をしなければ、症状が悪化する可能性もあるため、早急に病院や整形外科、専門の医療機関を受診して医師に相談することをおすすめいたします。ただし、長時間のデスクワークや運動不足などが原因で坐骨神経痛を引き起こすこともあります。症状を感じたまま放置すると、日常的にストレスを感じてしまいます。

下記3つの主な坐骨神経痛を引き起こす病気をご紹介します。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板は、柔らかな髄核と線維輪から成り、背骨を支えるクッションの役目があります。椎間板ヘルニアはその髄核が線維輪の亀裂により突出または脱出し、神経を圧迫する病気です。激しい運動や重い荷物をもつなど、椎間板への負担が原因です。また、遺伝や加齢による筋肉の衰えも影響しています。20代〜40代に多くみられ、若い人の発症が多いことも特徴です。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、椎間板の変形や黄色靭帯の肥厚の影響で脊椎神経およびその下部の馬尾神経が通る脊柱管が狭くなる病気です。原因は先天性のものや後天性、事故などによる稀なケースなどさまざまですが、多くは60歳以上と中高年の方に多くみられます。主な症状としては、長時間歩くことができない間欠性跛行が挙げられます。

変形性腰椎症

変形性腰椎症

変形性腰椎症では、椎間板および椎体が変形したり、骨棘ができることで腰部に痛みやだるさ、重たさを感じます。起床時や疲れたとき、動作開始時などに感じることが多いです。腰に負担のかかる生活による損傷や、加齢により椎間板の水分量の減少が主な原因です。症状が進行すると、 変形により脊柱管を圧迫し脊柱管狭窄症を発症することもあります。

坐骨神経痛の症状が出たら?診断や検査、治し方とは

坐骨神経痛は腰から下の臀部や太もも・ふくらはぎにかけて症状が出る事が多いため上記の症状が現れたらまずは医師の診断を受ける事が大切です。MRI・レントゲン検査を行い、日常生活の症状をしっかりと医師に伝え、適切な治療方法を受ける事で症状が悪化しないように予防ができたり、今まで悩んでいた痛みの心配が少しでも解消できたりすることが重要です。

自己判断せず近隣のクリニックや病院に相談してみましょう。当院ではMRI・レントゲンの検査が可能です。また、また、既にMRI・レントゲン検査を実施されている場合は、画像と問診票を当院へ送付いただくと、医師が遠隔にて診断いたします。治し方としては、まずは保存療法による治療をおこないますが、痛みや痺れが改善されない場合は手術を検討してみましょう。

坐骨神経痛の手術療法

坐骨神経を圧迫している原因によって手術方法は大きく異なります。椎間板ヘルニアが原因での坐骨神経の圧迫に対して、突出または膨隆した椎間板に対して切除又は椎間板内の髄核を摘出します。背中から切開し、神経・椎間板に到達するまでの筋肉を脊椎から剥がし、靭帯を切除します。神経を圧迫している椎間板ヘルニアを摘出するのが椎間板摘出術です。
椎間板摘出術には、LOVE法、MD法、MED法、PELD法があり、従来のLOVE法と呼ばれる手術では、背中の切開の範囲が5~6㎝であったのに対して、MD法と呼ばれる顕微鏡下で確認しながら手術を行う場合は3~4㎝、MED法と呼ばれる内視鏡下での手術は1~2㎝と切開の範囲が非常に小さく、身体への負担が少ないことから、入院期間も今までは1~2ヵ月必要な病状でも、MED法では、2週間以内といった短期間で退院することができます。また、PELD法では、6㎜の操作管を挿入してから、3㎜の小鉗子を用いて椎間板を摘出する方法で、MED法よりも更に切開の範囲が小さいことから身体の負担が少なく、治療当日に退院することも可能です。
しかし、これらの治療法は術後に感染症や合併症になるリスクがあります。また、再発した場合に再手術を受ける事が難しいケースもあります。当院では坐骨神経痛の原因精査を行う事も可能ですし、原因として多い腰椎椎間板ヘルニア、椎間関節炎、脊柱管狭窄等に対しても日帰り治療が可能です。

坐骨神経痛の保存療法

保存療法には下記の4つの手法が挙げられます。

  • 薬物療法

    保存療法の一つに薬物療法があり、消炎鎮痛薬、筋肉の緊張を緩和させ、痛みの緩和や坐骨神経への圧迫を改善させる筋弛緩薬などの内服薬や湿布や塗り薬の外用薬を処方し、または血流を改善させて身体機能を回復させるためにホットパックを使用することもあります。

    しびれや痛みは、坐骨神経の炎症が原因です。炎症自体は3~7日程度で収まる事が殆どですので、その間痛みが強ければ、痛み止めを服用していれば問題はありません。まれに炎症の程度が強ければ1か月程度しびれや痛みが続く事もありますが問題はありません。

    また市販薬では、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の類のものが消炎、痛み止めとしては有効とされています。しかし、痛み止めは身体にも負担がかかるため、長期間経っても改善がみられない場合は、早めに医師に相談しましょう。

  • 装具療法

    腰椎の動きを支えて、坐骨神経痛が出やすい姿勢を回避する目的として、腰椎ベルトやコルセットを使用します。腰部を固定することで痛みはおさまりますが、筋力低下などのデメリットもあるため長期間の使用は避けるようにします。

  • 運動療法(リハビリ)

    症状がおさまってからは体操やストレッチをおこない、筋肉や靭帯の硬化の改善をしていきます。また坐骨神経痛の予防にもなりますので、坐骨神経痛の症状が完全になくなってもストレッチや体操などの軽い運動は継続していくことが必要です。

  • ブロック療法

    神経およびその周辺に対して、注射によって局所麻酔薬を投与します。これにより一時的に痛みを軽減し、また神経を落ち着かせる効果もあるため、長期的な治癒も期待できます。ブロック注射でも中々症状が改善されない場合は、手術療法も検討しましょう。

坐骨神経痛は自然治癒するのか?

自然に症状が改善する場合のほとんどは軽い腰椎椎間板ヘルニアや椎間関節炎等が原因であり、手や足の捻挫と同等の扱いです。つまり初期治療の原則は経過観察です。しかし1か月以上症状が続く、痛みが強すぎる、繰り返し症状が出現する場合には、外科的治療等が必要になる可能性もあるので、医療機関で原因検索を行う必要があります。

坐骨神経痛を早く治す方法はある?

直接的な手法としては、カテーテル治療という選択肢もあります。保存療法においては、適度な運動やストレッチが有効です。安静にすることも重要ですが、無理のない範囲で下記のセルフケアや運動を取り入れてみましょう。

坐骨神経痛のセルフケア・予防方法

まずは病院や専門医療機関の受診をおすすめしますが、日常生活では以下のような点を意識してみてください。普段から腰に負担をかけないことはもちろん、適切な生活習慣を維持するようにしましょう。血流の低下を防ぐため、体を冷やさないことも重要です。

  • 正しい姿勢を保つよう心がける
  • 座った際には体重が左右のおしりへ均等にかかるようにする
  • 長時間、同じ姿勢をとらないよう留意する
  • デスクワークでは、こまめに休憩してストレッチを行う
  • 重いものをできるだけ持たないようにする
  • 冷えないように注意する
  • 毎日、ぬるめのお湯にじっくり浸かって身体を芯まで温める
  • 毎日、軽い運動を行う

坐骨神経痛はいつまで続くのか?

上記のような軽度の症例や炎症であれば、3日~1週間が目安になるでしょう。しかし、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアによる慢性的な痛みの場合は放っておいても改善しません。そのため前述の通り、1ヵ月以上症状が続いている場合は一度医療機関に相談してみましょう。

坐骨神経痛の治療実績

当院における坐骨神経痛の治療実績をご紹介します。30代~70代まで、幅広い年齢層の患者様に治療を行っています。全ての治療実績は、坐骨神経痛の治療実績ページからご覧いただけます。

11年前に脊柱管狭窄症に対しボルトを入れる脊柱固定手術を行われましたが、約5年前より坐骨神経痛が再発された患者様です。ボルトが入っていない部分の椎間板が潰れていましたので、DST法により神経症状の改善を行いました。患者さまが落ち着いた状態でしたので、動画モニターをお見せしながら検査と治療を行いました。治療後は約2時間ご休憩いただき、帰宅されております。

昨年8月から右足に痛みとしびれを感じられていましたが、今年に入ってから痛みが悪化し、歩けない状態となられた患者さまです。お近くの整形外科で内服薬を処方されていましたが、症状が改善されなかったため当クリニックを受診されました。一部の椎間板を損傷しておりましたので、DST法により神経症状の改善を図りました。患者様のご希望により局所麻酔のみ使用し、動画モニターで状態を確認していただきながら治療を行いました。12分で治療は終了し、治療終了2時間後には歩いて帰宅されております。


当院の治療方法

DST法

ディスクシール治療

DST法は、米国の医師であるケヴィン・パウザDrが開発した治療法です。主に腰の損傷した椎間板を修復・再生させる治療法で、米国では特許が取得されている治療になります。当院は2018年6月にDST法のライセンスを獲得し、この治療を行っています。現在ではハーバード大学、ボストン大学の医師を含めて約20人の医師が米国でDST法を行っています。

坐骨神経痛に関するQ&A

院長が坐骨神経痛について解説

坐骨神経痛の患者さまには、「腰から下にしびれが走る」「長時間立つのがつらい」といった症状がみられます。坐骨神経痛の主な原因として、「脊柱管狭窄症」や「椎間板ヘルニア」があります。当院ではレントゲンやMRI検査をおこない原因を判別し、適切な治療法をご提案いたします。また、激痛や慢性的な痛みがある場合は、外科的治療が必要になります。当院のDST法(ディスクシール治療)は、身体に負担をかけず坐骨神経痛の主な原因となる椎間板に対して直接アプローチが可能です。しびれや痛みにお悩みの方は、当院までお気軽にご相談ください。

NLC野中腰痛クリニック院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニック院長
野中 康行

監修医師紹介

NLC野中腰痛クリニック院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

院長略歴

  • 2002年
    川崎医科大学卒業
    医師免許取得
  • 2006年
    神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務
  • 2011年
    医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務
    医療法人青心会理事就任
  • 2018年
    ILC国際腰痛クリニック開設
  • 2020年
    医療法人康俊会開設
    理事長就任
  • 2021年
    NLC野中腰痛クリニック開設

得意分野

  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア
  • 腰痛症
  • 脊椎分離症
  • すべり症
  • 脊柱管狭窄症
  • 脊椎圧迫骨折
  • 麻酔・疼痛管理

治療実績

4,061件(平均77件/月)
2018年6月~2022年10月まで