クリニック
言語
受付電話番号

腰椎すべり症/ 腰の病気の原因や症状と治療法

腰椎すべり症とは

椎体と椎体がずれることで椎間板が変性して突出したり、ずれた椎体の後方の骨縁などによって馬尾神経、神経根が圧迫される状態をすべり症といいます。通常、腰椎で発生することがほとんどなので腰椎すべり症と呼ばれます。腰椎が前後にずれて不安定になることによって腰痛や下肢痛、下肢のしびれ、歩行困難など様々な症状が生じます。

腰椎変性すべり症

腰椎変性すべり症

腰椎(ようつい)の位置が本来の場所からずれる事で出る腰痛の症状を腰椎変性すべり症と言います。椎間板が変性すると元の形を維持できず前に滑り、神経周辺で炎症が起こると間欠性跛行の症状が出ることがあります。

腰椎分離すべり症

腰椎分離すべり症

一方、本来の位置からずれた背骨に負担がかかり、腰椎の後ろにある突起部分にひびが入り、腰椎全体が不安定になることを腰椎分離すべり症といいます。分離症が原因となって分離すべり症になることが多く、腰痛などの様々な症状が表れることがあります。

腰椎すべり症の主な症状とその特徴

症症状としては、少しの距離を歩くとお尻や太ももの部分にしびれを感じたり、痛みを感じたりします。少し休憩をすると再び歩けるようになりますが、少し歩いて少し休憩の繰り返しを何度も行うようになってしまう 間欠性跛行 がすべり症の症状の特徴です。

またすべり症の場合、腰椎の後ろを通る神経の通り道が腰椎のずれによって神経が圧迫され腰部脊柱管狭窄症のような症状が出る事もあります。一度ずれてしまった腰椎は自然には戻らないため、一度すべると元に戻す事は難しいとされています。

腰椎すべり症の主な原因と状態

明らかな原因は分かっていませんが、身体が若いころにスポーツをしていて加齢とともに椎間板(ついかんばん)や靭帯(じんたい)・関節などの腰椎を固定している組織が変性を起こし、それに伴って腰椎の安定性が失われることですべり症になるとされています。
また、すべり症を患っている方は激しい運動や、腰を捻るといった動作は極力控えなければなりません。運動のほかに日常生活の中でも腰に負担がかかることは控える必要があります。

腰椎すべり症の検査と治療法

腰椎のずれは、病院や整形外科、専門の医療機関などでのレントゲン検査によって診断します。神経の圧迫の程度についてはMRIによる検査で診断します。

すべり症の症状によって手術の適応を判断しております。すべり症になっていても全く痛みを感じない方がおられます。そのような場合には外科的手術ではなくリハビリやお薬での保存療法をご提案しております。しかし、リハビリ、お薬での効果がなく痛みが増しているような場合には治療を行うことを推奨しております。当院の治療は外科的手術と異なり、骨自体を固定させることはできませんが骨と骨の間にある椎間板を修復・再生させることで後ろの神経への圧迫や炎症を緩和させ、すべり症が進行しないように予防することが可能です。治療を受けていただくにあたり患者様がどのような生活を望まれているのか、しっかりヒアリングをしながら診断を行っております。詳しくは下記ページをご参照ください。

当院が腰椎すべり症に対して行う治療方法

DRT法

椎間板再生治療

DRT法(椎間板再生治療)は、損傷した椎間板の再生治療です。患者様の血液よりCPG因子(血小板由来成長因子)を抽出し、細さ0.8mmの穿刺針(NST針)を椎間板に挿入、血管造影透視装置を使って損傷した椎間板にCPG因子を投与します。欧州や北米では神経障害等の合併症がないことから、外科的手術に代わる再生治療として盛んに行われています。

DRT法 - 椎間板再生治療

ディスクシール治療

Discseel® Procedure

ディスクシール治療(Discseel® Procedure)は、米国の医師であるケヴィン・パウザDrが開発した治療法です。主に腰の損傷した椎間板を修復・再生させる治療法で、米国では特許が取得されている治療になります。当院は2018年6月にディスクシール治療(Discseel® Procedure)のライセンスを獲得し、この治療を行っています。現在ではハーバード大学、ボストン大学の医師を含めて約20人の医師が米国でディスクシール治療(Discseel® Procedure)を行っています。

ディスクシール治療 - Discseel® Procedure

ディスクシール治療(Discseel® Procedure)による腰椎すべり症症例紹介

当院における腰椎すべり症の症例紹介をご紹介します。腰椎すべり症に対してディスクシール治療(Discseel® Procedure)がどのように行われているのかご確認いただけます。当院の腰椎すべり症の症例紹介はこちらをご覧ください。NLC野中腰痛クリニックの日帰り腰痛治療の実績は、5,850件(集計期間:2018年6月~2024年5月)

10年前に腰の手術を行うも4年前に再発し、お尻や両足の痛み・しびれにより歩くことが困難になった患者さまです。ディスクシール治療(Discseel® Procedure)により、潰れたり変形している椎間板の治療を行いました。治療中は痛み止めを使用し、痛みを感じないように治療用の管を椎間板に挿入していきました。治療後は1時間程度専用のお部屋でお休みいただき、その後歩いて帰宅されております。

以前から腰痛に悩まされており、今年の春ごろに腰に負担がかかる仕事をして以来、坐骨神経痛を自覚なされた患者さまです。お近くの整形外科では症状の改善が見込まれなかったため、当クリニックを受診されました。ディスクシール治療(Discseel® Procedure)により、潰れ始めた椎間板を治療し、本来の機能改善を行いました。局所麻酔による痛み止めと治療用の管の調整により、患者さまは痛みをあまり感じられなかったようでした。治療は約5分と短時間で完了しております。


腰椎すべり症に関するご質問と回答

  • Q

    腰椎すべり症になると背骨全体がゆがみますか?

    A

    はい、腰椎すべり症が進むと他の腰の疾患がでてくる場合があります。
    神経を圧迫し、神経の通り道が狭くなる腰部脊柱管狭窄症や椎間板の変形による腰椎椎間板ヘルニアを併発する場合もあります。

  • Q

    腰椎すべり症は姿勢が悪いとなりやすいですか?

    A

    原因の一つにはなります。
    ですが、それだけが原因ではなく加齢や日常の労働環境などで無理な姿勢を取っていないか、負担をかけていないかと気を付ける事が大事です。

  • Q

    痛みを緩和させる方法はありますか?

    A

    腰椎すべり症は軽度であればリハビリや薬物療法の治療で緩和させる方法がありますが、症状が重度の場合やすべりが進行している場合には外科的手術が検討されます。
    当院では外科的手術が困難なご高齢の方や、合併症のリスクがある方に対しても治療ができる日帰り腰痛治療を提案しています。

  • Q

    してはいけない運動はありますか?

    A

    前方に滑っている場合、身体を後ろに反らす運動は避けます。
    また後ろに滑っている場合は前かがみになるような動作には気を付けなければいけません。

  • Q

    予防する方法はありますか?

    A

    腰に負担がかかる動作をなるべく避けるようにしましょう。
    特に腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症といった疾患を診断された方は日頃から腰痛トレーニングを取り入れたり、ウォーキングなど身体を適度に動かす方法をお勧めします。

  • Q

    早く治す方法はありますか?

    A

    個人差がありますが、約半年~1年とされています。
    また、痛みや痺れが改善する場合は症状や状態によって改善までの期間は異なります。

NLC野中腰痛クリニック院長が腰椎すべり症について解説

腰椎すべり症は、骨がずれてしまうことで神経が圧迫され腰部脊柱管狭窄症と似た症状がでます。腰椎すべり症の患者さまには「少しの距離でお尻・太ももに痛みを感じる」「少し休憩すると楽になり、歩けるようになる」といった症状がみられます。一度腰椎がずれると改善が難しく、患者さまの症状に合わせて保存療法や外科的手術が検討されます。当院のディスクシール治療(Discseel® Procedure)という治療法では、変性した椎間板を修復・再生させることで脊椎のずれが進まないようにすべり症を予防いたします。症状がある方は、当院までお気軽にご相談ください。

NLC野中腰痛クリニック院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニック院長
野中 康行

NLC野中腰痛クリニックが対応する腰の病気一覧

対応疾患

対応する症状

NLC野中腰痛クリニックホームページ監修の医師紹介

野中 康行院長

医療法人蒼優会理事長・NLC野中腰痛クリニック院長:野中康行

院長略歴

  • 2002年
    川崎医科大学 卒業
    医師免許取得
  • 2006年
    神鋼加古川病院(現:加古川中央市民病院) 勤務
  • 2011年
    医療法人青心会 郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科) 勤務
    医療法人青心会 理事就任
  • 2018年
    ILC国際腰痛クリニック 開設
    院長就任
  • 2020年
    医療法人康俊会 開設
    理事長就任
  • 2021年
    NLC野中腰痛クリニック 開設
    院長就任
  • 2023年
    医療法人蒼優会 開設
    理事長就任

石田 貴樹副院長

医療法人蒼優会理事・NLC野中腰痛クリニック副院長:石田貴樹

副院長略歴

  • 2009年
    高知大学 卒業
    医師免許取得
  • 2012年
    神戸市立医療センター西市民病院 勤務
  • 2013年
    兵庫県立尼崎病院 勤務
  • 2014年
    関西労災病院 勤務
  • 2015年
    神戸大学医学部附属病院 勤務
  • 2018年
    神戸大学医学部附属病院 助教就任
  • 2019年
    ILC国際腰痛クリニック 勤務
  • 2021年
    NLC野中腰痛クリニック 勤務
    2年間の研修を経て2022年10月にライセンスを獲得
  • 2023年
    医療法人蒼優会 理事就任
    医療法人蒼優会 NLC野中腰痛クリニック 副院長就任
閉じる