すべり症
/ 治療法と対応疾患

すべり症とは

椎間関節(ついかんかんせつ)と呼ばれる背骨の関節や、椎間板に異常が生じ、骨がずれてしまうことがあります。それをすべり症と言います。すべり症は骨が前方にすべる前方すべりと後方にすべる後方すべりがあります。すべり症のほとんどが前方すべりによる症状だと言われております。すべり症の多くは腰椎変性すべり症腰椎分離すべり症のどちらかに当てはまることが多いです。

腰椎変性すべり症

腰椎変性すべり症

腰椎(ようつい)の位置が本来の場所からずれる事で出る腰痛の症状を腰椎変性すべり症と言います。椎間板が変性すると元の形を維持できず前に滑り、神経周辺で炎症が起こると間欠性跛行の症状が出ることがあります。

腰椎分離すべり症

腰椎分離すべり症

一方、本来の位置からずれた背骨に負担がかかり、腰椎の後ろにある突起部分にひびが入り、腰椎全体が不安定になることを腰椎分離すべり症といいます。分離症が原因となって分離すべり症になることが多く、腰痛などの様々な症状が表れることがあります。

明らかな原因は分かっていませんが、身体が若いころにスポーツをしていて加齢とともに椎間板(ついかんばん)や靭帯(じんたい)・関節などの腰椎を固定している組織が変性を起こし、それに伴って腰椎の安定性が失われることですべり症になるとされています。また、すべり症を患っている方は激しい運動や、腰を捻るといった動さは極力控えなければなりません。運動のほかに日常生活の中でも腰に負担がかかることは控える必要があります。

すべり症の症状は?

症状としては、少しの距離を歩くとお尻や太ももの部分にしびれを感じたり、痛みを感じたりします。少し休憩をすると再び歩けるようになりますが、少し歩いて少し休憩の繰り返しを何度も行うようになってしまうのがすべり症の症状の特徴です。またすべり症の場合、腰椎の後ろを通る神経の通り道が腰椎のずれによって神経が圧迫され脊柱管狭窄症のような症状が出る事もあります。一度ずれてしまった腰椎は自然には戻らないため、一度すべると元に戻す事は難しいとされています。

すべり症の外科的手術

腰椎後方除圧術

神経を圧迫している椎弓、靭帯や関節突起の一部を取り除く手術方法です。症状に応じて必要な部分だけ切除する内視鏡下で行う部分椎弓切除術(開窓術)と広範囲に椎弓を切除する広範囲椎弓術があります。全身麻酔を行い、背中から皮膚を切開します。黄色靭帯や椎間関節の一部を切除し、神経を圧迫した椎弓を取り除きます。部分椎弓切除術の場合は術後約2~5日で歩行でき、約2週間で退院となります。しかし、部分椎弓切除術の場合、切開部分が狭い代わりに視野も狭くなるため複数箇所に狭窄がある場合や椎骨が安定していない場合は受ける事ができません。また広範囲椎弓切除術の場合、切開範囲が広くなるため感染症や合併症のリスクが高くなります。また一度広範囲に切除した場合は再手術ができないこともあります。

脊椎固定術

切除術に加え、椎骨を安定させるために脊椎固定術を行う場合があります。プレート、スクリュー、ロッドやスペーサーなどの医療器具を使って脊椎を固定させる手術方法です。全身麻酔を行い、背中から皮膚を切開します。椎弓と呼ばれる脊椎の一部や椎間関節を切除して、椎間板や黄色靭帯を切除します。椎間板の代わりにスペーサーを挿入して、プレートをセットしロッドとスクリューで固定します。術後はリハビリが必要なため、入院期間は約1ヶ月となります。脊椎固定術は切開範囲が広く、手術時間も長いため感染症・合併症のリスクが低侵襲手術に比べて高く、術後のリハビリや固定による違和感や痛みを感じる場合もあります。MEL法と同様に再手術が難しい手術方法です。

また広範囲椎弓切除術の場合、切開範囲が広くなるため感染症や合併症のリスクが高くなります。また一度広範囲に切除した場合は再手術ができないこともあります。「腰椎固定術」は痛みが激しく、腰椎が非常に不安定な場合の手術方法として行われます。骨を削り圧迫していた神経の通り道を広げ、骨通しをボルトで固定します。固定する事で腰骨を安定させ痛みが出にくい状態にします。不安定な状態が強くない場合は、内視鏡で神経の圧迫を取り除く「腰椎後方除圧術」の方法が検討される場合があります。除圧術は椎弓(ついきゅう)、靭帯、関節突起(かんせつとっき)の一部を取り除き、神経の圧迫を取り除きます。また手術後は腰を固定させるためにコルセットを着用して過ごします。

すべり症の保存的治療

腰椎が不安定になるため背骨をさせるコルセットや鎮痛作用のある薬療法、ブロック注射が検討されます。またトレーニングで腰周りの筋肉を鍛え、腰骨を支える筋肉や靭帯・関節を強くする方法があります。保存的治療は根本的な治療にはならないため完全に痛みを取り除くことはできません。また保存的治療で痛み・痺れの改善がされない、激痛で動けないといった日常生活に大きく関わってくる場合には手術が検討されます。

すべり症の外科手術によって引き起こす可能性のあるリスク

腰椎固定術や腰椎後方除圧術は神経や血管を傷つける可能性があります。感染症になるということは絶対ないとは言い切れず、手術した箇所に細菌感染して化膿することがあります。脊椎固定術に関しては、固定用器具の破損やスクリューでの固定が緩くなって腰椎がずれた。または、医師とのコミュニケーション不足が原因で患者様の体質に気づかず、術後に金属や人工材料によるアレルギー反応が出てしまったというリスクがあります。また固定器具を付けることで腰に違和感や、倦怠感、痛みが長い方で約1年間症状が現れる事もあります。日常生活の動作も制限されるため、背骨を固定する事によって腰を曲げたり捻ったりする動作は困難です。

当院の治療がどのようにすべり症に効果があるのか?

腰椎固定術や腰椎後方除圧術は手術のリスクが高い方や一度手術をして再度治療を行う方にとって手術ができない場合もあります。当院ではすべり症に対応する治療法としてDST法があります。手術リスクの高いご高齢の方や再治療を望む方も対応が可能です。変性してしまった椎間板を修復・再生させることですべり症の原因となる脊椎のずれが進まないように予防できます。また分離すべり症のように不安定になった脊椎を安定させ痛みが起きないように予防します。

当院の治療方法

DST法

ディスクシール治療

DST法は、米国の医師であるケヴィン・パウザDrが開発した治療法です。主に腰の損傷した椎間板を修復・再生させる治療法で、米国では特許が取られている治療になります。当院長は2018年6月にDST法のライセンスを獲得し、現在までに2,880人近い患者様にこの治療を行っています。2018年6月時点では、DST法を開発したケヴィン・パウザDrと野中院長が治療を行っていました。2019年12月現在では、ハーバード大学、ボストン大学の医師を含めて約20人の医師が米国でDST法を行っています。

DST法 - ディスクシール治療

すべり症に関するQ&A

  • Q
    すべり症になると背骨全体がゆがみますか??
    A
    はい、すべり症が進むと他の腰の疾患がでてくる場合があります。
    神経を圧迫し、神経の通り道が狭くなる脊柱管狭窄症や椎間板の変形による椎間板ヘルニアを併発する場合もあります。
  • Q
    すべり症は姿勢が悪いとなりやすいですか?
    A
    原因の一つにはなります。ですが、それだけが原因ではなく加齢や日常の労働環境などで無理な姿勢を取っていないか、負担をかけていないかと気を付ける事が大事です。
  • Q
    すべり症の痛みを緩和させる方法はありますか?
    A
    すべり症は軽度であればリハビリや薬物療法の治療で緩和させる方法がありますが、症状が重度の場合やすべりが進行している場合には外科的手術が検討されます。当院では外科的手術が困難なご高齢の方や、合併症のリスクがある方に対しても治療ができる日帰り腰痛治療を提案しています。
  • Q
    すべり症でしてはいけない運動はありますか?
    A
    前方に滑っている場合、身体を後ろに反らす運動は避けます。また後ろに滑っている場合は前かがみになるような動作には気を付けなければいけません。
  • Q
    すべり症を予防する方法はありますか?
    A
    腰に負担がかかる動作をなるべく避けるようにしましょう。
    特に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった疾患を診断された方は日頃から腰痛トレーニングを取り入れたり、ウォーキングなど身体を適度に動かす方法をお勧めします。
  • Q
    すべり症を早く治す方法はありますか?
    A
    個人差がありますが、約半年~1年とされています。また、痛みや痺れが改善する場合は症状や状態によって改善までの期間は異なります。

腰痛疾患と症状一覧