椎間板変性症
/ 原因と治療法

椎間板変性症とは

椎間板変性症

腰椎(背骨)の間には「椎間板」と呼ばれる場所があります。椎間板は線維輪と髄核の2層構造になっています。線維輪は線維が交互に組み合わさっており、どの方向に動かされても衝撃を緩和できる構造になっています。髄核は水分で満たされておりクッション機能を助ける働きをしています。その椎間板が損傷などにより本来の椎間板の形が保てなくなることで変形が始まり、椎間板の機能が低下し腰痛などの症状を引き起こすことを椎間板変性症と言います。

椎間板変性症の原因

加齢、過度な運動、労働環境、遺伝などが関係しているといわれています。椎間板の主成分は水分です。加齢とともに体内の水分量は減少していくので、これに応じて椎間板内の水分量も減少します。水分量が減少した椎間板は、弾力性が乏しくなり、硬くなります。こうなることで、ちょっとした刺激が原因で、椎間板に亀裂が入ります。これが、椎間板損傷の原因の一つです。また、椎間板自体は一度傷がつくと修復ができない、消耗品です。椎間板に負担がかかる運動や仕事は、椎間板の消耗を早め、劣化を促進する原因になります。

椎間板変性症の症状

椎間板変性症(側面図)
椎間板変性症

椎間板の症状は主に腰痛が多いとされています。しかし、椎間板に入った亀裂から、椎間板内の髄核が漏れ出して、椎間板ヘルニアとなり、神経を傷つけます。傷がつくことで神経に炎症が生じて、足の痛みや痺れなどの症状が発生します。
※炎症とは、体の傷を修復する際に生じる反応で、痛みや腫れ、発熱などが生じる事を指します。
また、椎間板の劣化により椎間板の高さが減少し、骨と骨との距離が近づくので、衝突しやすくなります。衝突を繰り返すと骨棘(こつきょく)と呼ばれる骨の棘ができたり、椎体そのものの変形が生じたりし、変形性腰椎症になります。この変形により、骨の表面や周囲の組織などに炎症が生じて、神経由来の症状の他に、腰やお尻回りなどに新たな痛みが発生します。炎症が慢性化した場合は、それは今まで積み重ねてきた痛みの蓄積により体が痛みに対して過敏になるので、手術をした後も痛みが治まらないことがあります。

椎間板変性症の治療法について

外科的手術

骨棘が進んだり、ヘルニアが原因になったりして神経を圧迫している場合には外科的手術も検討されますが、椎間板変性症に対して有効とされる手術方法は今のところありません。外科的手術の場合、骨や靭帯を削り、神経の圧迫を取り除くことが目的であるため椎間板を治療することはないからです。

保存的治療

運動療法や薬物療法があります。運動療法は、今まで蓄積してきた立ち方・歩き方・座り方などの生活習慣によって生じている腰への負担を取り除き、バランスの崩れた筋肉や関節の状態をストレスのかからない状態に修正することを行います。修正を行うことで、生活習慣によって生じたストレスが原因の炎症を除去することを促します。また、腰椎には血管が多く集まっているため血流を改善することによって炎症が緩和され痛みの改善にも繋がることがあります。

当院の椎間板変性症に対する効果のある治療法とは?

当院ではDST治療を行っています。DST治療とは椎間板の損傷部分に対して椎間板の修復・再生を促す薬剤を注入することで椎間板機能を回復させ、クッション機能を維持することで痛みの改善を行う椎間板治療です。この治療は従来の外科的手術とは異なり、メスは一切用いず、局所麻酔で椎間板に直接針を刺し、そこから椎間板に薬液を入れていきます。変形が進んだ椎間板に対して本来の機能を取り戻す働きを促し、また損傷した傷口を塞ぐため髄核が漏れ出ることを防ぐことができます。

当院の治療方法

  • DST法

    ディスクシール治療

    DST法は、米国の医師であるケヴィン・パウザDrが開発した治療法です。主に腰の損傷した椎間板を修復・再生させる治療法で、米国では特許が取られている治療になります。当院長は2018年6月にDST法のライセンスを獲得し、現在までに2,880人近い患者様にこの治療を行っています。2018年6月時点では、DST法を開発したケヴィン・パウザDrと野中院長が治療を行っていました。2019年12月現在では、ハーバード大学、ボストン大学の医師を含めて約20人の医師が米国でDST法を行っています。

  • PODT法

    経皮的椎間板オゾン治療

    PODT法とは、0.8mmの針(穿刺針)を用いて椎間板髄核内にオゾンを注入し、椎間板炎による腰痛や椎間板ヘルニア及び脊柱管狭窄症による神経痛を改善させる方法です。オゾンによる抗炎症効果の詳細は解明されているわけではありませんが、体内を活性化させることで、あえて強い免疫応答を生じさせ炎症を短時間で消失させると考えられています。オゾン自体は椎間板内にのみ注入しますが、適応疾患は椎間板ヘルニアにとどまらず脊柱管狭窄症や椎間孔狭窄にも効果があります。その理由として椎間板内に注入したオゾンが、損傷した椎間板を通過して周囲の組織に浸潤するためと考えられています。

椎間板変性症に関するQ&A

  • Q
    椎間板変性症と診断されたら何に気を付ければ良いのでしょうか?
    A
    まずは現在の痛みなど症状がかなり強い場合には安静にして1週間ほど様子を見てみてください。もし1週間ほどで緩和されるようであれば運動療法などの保存的治療を推奨します。1か月経っても症状に改善がないようであればお近くの整形外科クリニック・病院を受診されることをお勧めします。
  • Q
    変形した椎間板は手術せずに元の状態に戻ることはあるのでしょうか?
    A
    椎間板の損傷が軽い場合、自然治癒することがあります。自然に傷口が塞がると中の水分が増え、椎間板が本来の役割を果たします。
    しかし、傷口が深く線維輪も破れてしまっている場合には自然に治癒することは難しいことが多く、悪化すると椎間板ヘルニアや変形性腰椎症に繋がります。その場合はDST治療による治療の選択も考えられます。
  • Q
    椎間板変性症と椎間板ヘルニアの違いを教えてください。
    A
    椎間板変性症は椎間板に亀裂が入り、損傷することで中の水分が抜け、椎間板が硬くなり、椎間板のクッション機能が失われ変形が始まり腰痛を引き起こすことを言います。椎間板ヘルニアはその損傷個所から中の髄核が漏れ神経を圧迫することを言います。
    椎間板変性症が悪化すると椎間板ヘルニアになる可能性が高くなるということです。
  • Q
    椎間板の損傷を予防するために心掛けると良いことはありますか?
    A
    椎間板の損傷は加齢などが原因と言われていますが、日ごろの姿勢や動作による腰への負担も大きいと言えます。特に長時間の座り姿勢は腰にかなりの負担をかけています。なので、日ごろから椅子の座り方や姿勢に気を付けるように指導や自宅トレーニングをお勧めしています。
  • Q
    手術を受けた後に再度、椎間板が変形してしまった場合の再手術は可能でしょうか?
    A
    はい、可能です。DST治療の場合、椎間板の修復・再生を促す治療を行うため再治療は可能です。しかし、DST治療後の椎間板の変形はかなり強い圧力が加わった場合、例えば激しいスポーツや無理な姿勢を取り続けるような重労働などがほとんどです。
  • Q
    保存的治療では脊柱管狭窄症は完治するのでしょうか?
    A
    完治することはありません。痛みや痺れを緩和させる目的のため根本治療にはならないです。唯一DST法は原因となっている椎間板を修復することができる治療のため根本的に痛みを改善することが期待されています。
  • Q
    椎間板変性症を患っている場合、してはいけない運動はありますか?
    A
    過度に腰を使う動作や重い物を持つ動作は控えてください。激しい運動も椎間板の変形を進行させる原因となることがありますので正しい運動方法を取り入れるようにしましょう。

腰痛疾患と症状一覧