クリニック
言語
受付電話番号

PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)/ 日帰り腰痛治療

PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)とは

経皮的レーザー椎間板減圧術- PERCUTANEOUS LASER DISC DECOMPRESSION

PLDD法とは腰椎椎間板ヘルニアの原因である椎間板内の圧力上昇に対しての圧力を下げるレーザー治療です。PLDD法の歴史は古く1980年代より始められた治療で、日本では多くの患者様が治療を受けられていますが、対象が腰椎椎間板ヘルニアのみである事、椎間板が潰れてすり減っているような場合には治療が適応でない可能性があります。

当院では椎間板損傷があったとしても、損傷程度により、DST法(ディスクシール治療)、PODT法(オゾン治療)が選択可能です。

PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)についてNLC野中腰痛クリニック院長が動画で解説

腰椎椎間板ヘルニアに効果的な治療法レーザー治療「PLDD法」について解説しています。ぜひこちらの動画をご覧ください。

PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)の対応している腰の病気

対応疾患一覧

  • 腰椎椎間板ヘルニア

このようなお悩みの方が対象

  • 腰椎椎間板ヘルニアと診断された
  • 腰椎椎間板ヘルニアが原因で慢性的な腰痛や痛みの症状に悩まされている
  • 外科的手術を勧められたが怖い
  • ヘルニアの摘出手術をしたが再発し、改善もない
  • 高齢のため外科的手術のリスクが高い
  • 腰痛の手術で入院したくない

ご高齢の方(80歳以上の方)も治療が可能です。

PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)のメリット

切開を行わず小さい針を刺すだけなので、傷跡はほとんど残りません。

傷口がほとんど残らない

切開を行わず小さい針を刺すだけなので、傷跡はほとんど残りません。

負担が少ない日帰り治療

負担が少ない日帰り治療

局所麻酔と針のみで治療を行うため、治療時間は20~25分程度。治療後数時間安静ののちに日帰りでご帰宅が可能です。

治療の通院やリハビリの必要がない

治療の通院やリハビリの必要がない

遠方の方でも治療後の通院やリハビリの必要がないため、日常生活や職場復帰も容易です。

PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)と従来の手術方法との比較

スワイプしてご覧ください ⇒

治療法
比較項目
PLDD法(レーザー治療) MED(内視鏡椎間板切除手術) 脊椎固定術及び除圧手術 ヘル二コア(椎間板内酵素注入療法)
再発率
(治療後2年以内)
高い 高い 極めて高い 低い
椎間板の
修復・再生効果
無し 無し 無し 無し
治療後の
椎間板への
ダメージ
有り 有り 有り 有り
入院期間 日帰り 約7日間 約21日間 日帰り
通院の必要 基本的に必要なし 必ず必要 必ず必要 基本的に必要なし
保険適応 ×

PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)による椎間板治療の流れ

  1. 準備
    準備
    治療台の上にうつ伏せで寝ていただきます。
  2. 診察受付
    消毒
    背中から治療を行うため、しっかりと消毒します。治療担当医や看護師などスタッフは滅菌のグローブとガウンを着用しています。
  3. 麻酔
    麻酔
    背中に数ミリの針で局所麻酔を行います。また、ご要望に合わせて鎮静剤を使った治療もご案内しております。
  4. 治療
    治療
    背中に0.8mmの針(穿刺針)を椎間板に挿入し、針を経由してレーザーファイバーを通します。椎間板内の髄核に対してレーザーを照射し、蒸散させます。
  5. 安静
    安静
    治療後は回復室で1時間程度安静にしていただきます。

椎間板の状態

ヘルニアにより神経が圧迫され炎症が起こった椎間板
ヘルニアにより神経が圧迫され炎症が起こった椎間板。
椎間板の中にある髄核をレーザーで焼灼事により空洞を作ります。
椎間板の中にある髄核をレーザーで焼灼事により空洞を作ります。
飛び出した椎間板を縮みます。
飛び出した椎間板を縮みます。
神経の圧迫を軽減します。
神経の圧迫を軽減します。

腰椎椎間板ヘルニアに有効

PLDD法は腰椎椎間板ヘルニアでも特に内圧が高く、靱帯から脱出していない軽度~中度のヘルニアに対して有効です。脱出型に対してはPIDT法やDST法(ディスクシール治療)が有効な治療法になります。

腰椎椎間板ヘルニア

PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)の検査から帰宅までの流れ

PLDD法での治療の場合、基本的には日帰り治療が可能です。

  1. MRIとレントゲン撮影による検査を行った後に、診察と診断を行います。
  2. PLDD法では局所麻酔を行い15分程度で治療が完了します。
  3. 治療後は回復室にて1時間から2時間ほど安静にします。
    その後、診察を行い治療後の説明を受ければ帰宅が可能です。
PLDD法の検査から帰宅までの流れ

PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)の治療時間

治療時間
15分程度

治療後は30分で歩行可能となり(※個人差あり)、約60分後には帰宅可能となります。デスクワークや軽動作は翌日から可能ですが、スポーツや重労働は1ヵ月程度控える必要があります。

PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)の効果と副作用について

効果について

治療後1~3ヵ月で効果が期待されます。
PLDD法の治療効果については下記でご紹介しています。

副作用について

治療を受けた後に今までになかった腰痛や痺れ、太ももに筋肉の張りを感じる場合があります。
症状や状態により個人差がありますが、手術後1週間~1ヵ月程これまでになかった症状が一時的に続くこともあります。
また外科的手術と比べると確率は非常に低くなりますが、治療箇所からの感染症や、合併症などのリスクがあります。

PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)の治療後の運動制限について

当院の治療は日帰り治療のため、治療後翌日から日常生活への復帰が可能です。また可能な限り歩行や運動を行うことを推奨しております。しかし、一部控えていただく必要がある運動や日常の動作がございます。

治療後からできる運動や日常生活 治療後
ホットカイロ(温熱療法) 術後すぐ
自転車 1日
サウナ 3日
温泉 3日
プール 3日
スポーツジム 7日
マッサージ 7日
ブロック注射 7日
リハビリ 7日
ヨガ(ねじるような動作) 14日
整体 14日
スポーツバイク 14日
鍼治療 14日
ゴルフ 30日

※ゴルフのラウンドは治療後30日以上経ってからを推奨しております。

PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)の治療費用

治療箇所(椎間板につき) 1箇所 2箇所 3箇所 4箇所
治療費用 280,000円(税込:308,000円) 330,000円(税込:363,000円) 380,000円(税込:418,000円) 430,000円(税込:473,000円)

備考

※大阪本院にて診察後治療を受けた場合、診察・MRI等の検査費用はすべて上記治療費用に含まれます。
※本治療方法は健康保険が適用されないため、全額自費診療となります。
※お支払い方法は現金・クレジットカード(VISA、MasterCard、銀聯)・事前振り込みによるお支払いが可能です。
※医療費の確定申告にて税金の還付を受ける事が出来ます。

PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)に関するご質問と回答

PLDD法について

治療後について

  • Q

    PLDD法の治療後にリハビリは必要でしょうか?

    A

    軽い運動であれば治療後1週間から行う事は可能ですが、しかし術後の痛みが強い場合やスポーツや激しい運動は控えるようにしてください。
    軽いウォーキング、ストレッチから始めてみてください。

NLC野中腰痛クリニックの日帰り腰痛治療法一覧

  • DRT法

    椎間板再生治療

    DRT法 - 椎間板再生治療
  • DST法

    ディスクシール治療

    DST法 - ディスクシール治療
  • PLDD法

    経皮的レーザー椎間板減圧術

    PLDD法 - 経皮的レーザー椎間板減圧術
  • PODT法

    経皮的椎間板オゾン治療

    PODT法 - 経皮的椎間板オゾン治療
  • PLOT法

    経皮的オゾンレーザー治療

    PLOT法 - 経皮的オゾンレーザー治療
  • PIDT法

    経皮的椎間板インプラント治療

    PIDT法 - 経皮的椎間板インプラント治療

NLC野中腰痛クリニックが対応する腰の病気一覧

対応疾患

対応する症状

閉じる