患者様の情報

30代 男性

病名

  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

5月頃から腰の痛みとしびれが出現してスポーツができなくなったため、けん引や電気治療をするも改善がなく当院を受診されました。


診察と検査結果

腰を横から見た写真(MRI検査)です。
腰は小さな骨(腰椎)が縦に並んで出来ているのですが、小さな骨(腰椎)と骨の間にはクッション(椎間板)があります。
また傍には足の神経が通っており、脳と下半身を繋ぐ電線の様な働きをしています。
この写真では、腰の上部の1箇所でクッション(椎間板)が飛び出しているところが見え、椎間板ヘルニアと言います。
また下の1箇所ではクッション(椎間板)が潰れかけています。
足の神経痛は椎間板ヘルニアが原因であり、腰の痛みは下の潰れかけた椎間板が原因と考えられました。


施術内容

DST法+PLDD法

腰椎L1/2にPLDD法、L5/S部分にDST法をそれぞれ1箇所の治療を行いました。
椎間板ヘルニアに対してはレーザー治療(PLDD)を行いますが、下の潰れかけた椎間板では検査を行いますが、おそらくディスクシール治療(DST)が必要になると考えられました。

患者様にはうつ伏せに寝ていただき、局所麻酔で痛みを取り除き、治療用の管をクッション(椎間板)まで挿入していきます。

最初にレーザー治療(PLDD)を行っているところです。

レーザー治療(PLDD)のテスト照射の動画です。

引き続きディスクシール治療(DST)を行っている動画です。
治療時間は20分でした。


術後

治療後は1時間30分程ベッドでお休みいただいた後に診察をさせて頂きました。
今後早ければ1~2ヵ月程度で症状の改善が期待できることをご説明させて頂きました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

当クリニックでは5種類の椎間板治療方法を用意しております。
その治療法を同時に組み合わせて行う事で治療効果の最大化に努めております。
また外来診察時にイラストを用いてすべての治療法について説明をしており、ご高齢の患者様にも理解できるように対応しております。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。