患者様の情報

80代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎すべり症
  • 椎間板ヘルニア
  • 側弯症

患者様の状態

10年前より左足にしびれが出現しました。
その後、徐々にしびれが悪化され、数年前より左お尻と左足に痛みが出現。
歩けなくなってきたために当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰を横から見た写真(MRI)となります。
向かって右が背中側、向かって左側がお腹側となります。
腰は小さな骨(腰椎)が縦に並んで出来ていますが、小さな骨と骨の間にはクッション(椎間板)が存在します。
またクッションの右側には、足の神経が通っています。
この写真(MRI)ではクッション(椎間板)の変形から飛び出したように見えている部分があり、椎間板ヘルニアと言います。
また神経も圧迫されているところが見え、脊柱管狭窄症と言います。
その他クッション(椎間板)が損傷している為に小さな骨(腰椎)にずれが生じており、その事を腰椎すべり症と言います。


施術内容

DST法

腰椎L2/3・L3/4・L4/5・L5/S部分にDST4箇所の治療を行いました。
クッション(椎間板)を治療する事で、小さな骨(腰椎)の動揺を改善させる事で、足の神経症状の改善を図ります。

局所麻酔を用いて、患者様から痛みを取り除き、レントゲン写真を使用しながら治療用の管をクッション(椎間板)まで挿入します。

患者様は痛みをほとんど感じておられなかったので、治療中の様子を動画でご覧いただきました。

患者様が実際に見られた動画です。
黒く映っている部分が損傷した椎間板の部分になります。
治療時間は18分でした。


術後

治療後は2時間ほどベッドでお休みいただき、帰宅していただきました。
帰宅時には疼痛スケールの10段階評価で4まで改善が見られました。
痛みの程度としては半分程度になっておられました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

本日、海外の治療希望の患者様よりお問い合わせがあり、近々ビザが下りそうであるとの事でした。
そろそろ海外患者さまもお越しになられる時期なのかと考える次第です。
たしかにコロナ感染も落ち着いてきておりますが、みなさま方には十分お体をご自愛頂きたく存じます。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。