患者様の情報

60代 男性

病名
  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症

患者様の状態

36年前にぎっくり腰になり、以後ぎっくり腰を繰り返されており最近になり左のおしりと左あしに痛みとしびれが出現してきたため当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰を横から見た様子です。腰は骨の駒(図上の赤枠)が縦に並んでいるだけで出来ています。
また骨の駒(図上の赤枠)と骨の駒の間には、クッション(椎間板)があり、骨の駒の負担を軽くしてくれています。通常クッション(椎間板)は中が白く映っているのが普通ですが、 今回は1か所が黒くなっており、少し変形している様子が見て取れます。変形部分をヘルニアと言い、ぎっくり腰の原因の一つになります。


施術内容

DST法

腰椎L4/5部分にDST1箇所の治療を行いました。
黒く変形したクッション(椎間板)を治療する事で、ぎっくり腰を改善させることを目的に治療用の管を、痛み止めの注射を使いながら、クッションまで挿入します。

痛み止めを使用し、治療用の管をクッション(椎間板)まで入れているところです。

間違いなく管が入っているか、いろいろな方向から、レントゲンで確認していると事です。

治療用の管をクッション(椎間板)に入れたあと、患者様にも動画で検査と治療を見ていただいているところです。

治療中の様子はこのように動画でご覧いただけます。


術後

本日の治療は約13分程度で終了し、その後1時間程度で帰宅していただきました。
早ければ1-2か月で症状の改善が期待できると思われます。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

最近非常に、日帰り治療を希望される患者様が増えており、診察までお待たせする事が多くなってきました。
可能な限り多くの患者様を診察させて頂く為に、医師の増員を行うことになりました。また改めて新任医師のご紹介をさせて頂きますので、その折にはよろしくお願いいたします。