患者様の情報

60代 男性

疾患・症状


患者様の状態

36年前にぎっくり腰になって以後、ぎっくり腰を繰り返されており、最近は左のおしりと左足に痛みとしびれが出現してきたため当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

治療風景①

腰を横から見た様子です。腰は骨の駒(図上の赤枠)が縦に並んでいるだけで出来ています。また骨の駒(図上の赤枠)と骨の駒の間には、クッション(椎間板)があり、骨の駒の負担を軽くしてくれています。通常クッション(椎間板)は中が白く映っているのが普通ですが、今回は1箇所が黒くなっており、少し変形している様子が見て取れます。変形部分をヘルニアと言い、ぎっくり腰の原因の一つになります。


施術内容

DST法

腰椎L4/5部分にDST1箇所の治療を行いました。黒く変形したクッション(椎間板)を治療する事で、ぎっくり腰を改善させることを目的に治療用の管を、痛み止めの注射を使いながら、クッションまで挿入します。

治療風景②

痛み止めを使用し、治療用の管をクッション(椎間板)まで入れているところです。

治療風景③

間違いなく管が入っているか、いろいろな方向から、レントゲンで確認していると事です。

治療風景④

治療用の管をクッション(椎間板)に入れたあと、患者様にも動画で検査と治療を見ていただいているところです。

治療中の様子はこのように動画でご覧いただけます。

治療風景⑤
治療風景⑥

術後

本日の治療は約13分程度で終了し、その後1時間程度で帰宅していただきました。早ければ1~2ヵ月で症状の改善が期待できると思われます。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

最近は非常に日帰り治療を希望される患者様が増えており、診察までお待たせする事が多くなってきました。可能な限り多くの患者様を診察させて頂く為に、医師の増員を行うことになりました。また改めて新任医師のご紹介をさせて頂きますので、その折にはよろしくお願いいたします。

是非ご共有ください

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:4,061件
(平均77件/月・2018年6月~2022年10月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。