患者様の情報

70代 女性

病名
  • 脊柱管狭窄症
  • FBSS(脊椎術後疼痛症候群)
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

3年前の2018年に脊柱管狭窄症に対し外科的手術が施行されたが、2年後の2020年頃より左おしりと左足に激しい痛みとしびれ(坐骨神経痛)が出現してしまい、改善が無い為に当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰を横から見た写真です。腰の骨(腰椎)が縦に並んでいますが、骨と骨の間にあるクッション(椎間板)の色が黒くなっている(※赤色表示)ところと、飛び出るような変形(ヘルニア)が2か所に見て取れます。
飛び出るような変形(ヘルニア※青色表示)の傍には、足を支配している神経があり、足の神経痛(坐骨神経痛)が出現してしまうのです。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S部分にDST3箇所の治療を行いました。

クッションの損傷部位を治療する為に、治療用の管を挿入していきます。局所麻酔を使用しているので、痛みはあまり感じられませんでした。

治療用の管を5分程度でクッションまで挿入し、その後検査と治療を行いました。時間的にはさらに4分程度です。


術後

治療後は1時間で歩いて頂き、帰宅となっております。早ければ1-2か月程度で、症状の改善が期待できるとご説明いたしました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

治療前は緊張されておられる患者様が多いのですが(当然です)、治療中はしっかりお声がけをして、痛みを感じない様に心がける事で、安心して治療を受けて頂いております。
治療に関して、自信を持って対応しております、ご相談いただければ幸いです。