患者様の情報

60代 男性

病名

  • FBSS(脊椎術後疼痛症候群、脊椎術後再発)
  • 隣接椎間障害

患者様の状態

脊椎手術後すぐに腰の痛みと 左下肢のしびれが出現し日常生活が困難となった事から当院を受診された患者様です。


診察と検査結果

閉所恐怖症があり、MRI検査はできませんでしたので、レントゲン検査と診察のみで診断しております。
レントゲン検査では明らかに第2腰椎と第3腰椎間 第5腰椎と第1仙骨間の椎間板変性が進行しており、脊柱管狭窄症や椎間孔狭窄症の合併が疑われました。


施術内容

DST法

腰椎L2/3・L5/S部分にDST2箇所の治療を行いました。
治療中は緊張されておられましたので、お声がけをしながらの治療となりました。
治療動画をご一緒に見られるかお伺いしましたが、『お任せします』との事でしたので、動画を記録し治療にあたりました。

治療時間は17分でした。


術後

治療後は1時間程度で歩行していただきましたが、左下肢のしびれは改善傾向を認めました。
治療動画をご説明し、帰宅していただきました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

当院では閉所恐怖症等の理由でMRI検査ができない場合でも、日帰り椎間板治療は可能です。
安心してご用命ください。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)