患者様の情報

80代 男性

疾患・症状


患者様の状態

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症による坐骨神経痛で歩行が出来なくなった80代男性が当院にご来院いただきました。


診察と検査結果

治療風景①

腰の骨と骨の間に椎間板というクッションがありますが、そのクッション(椎間板)が変形して飛び出しており、椎間板ヘルニア(赤丸)と言われる変化が見て取れます。
また神経の通り道である脊柱管の狭窄(青丸)も見られました。

治療風景②
治療風景③
治療風景④

治療室は、このように患者様が圧迫感を感じない様に大きめの治療室を用意しております。

治療風景⑤
治療風景⑥

こちらの部屋は治療室内をガラス越しに観察することができます。患者様のご家族が治療の様子をご覧になりたいときに使用することも可能となっております。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L4/5・L5/S部分にDST3箇所の治療を行いました。腰の骨と骨の間にある、クッション(椎間板)を治療する為に、治療用の管を入れていく様子です。痛み止めを使用する事で患者様はほとんど痛みを感じる事もなく治療が可能です。

治療風景⑦
治療風景⑧
治療風景⑨
治療風景⑩
治療風景⑪

治療時間は18分程度で終了しております。


術後

治療風景⑫

治療後はこのようにベットに移って頂き、お部屋で1~2時間程度お休みいただきます。その後、歩行が可能で当日退院が可能となります。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

患者様には治療の内容をより詳しく理解していただく為に、診察時間だけで最低30分間用意しておりますので、なんなりとご相談ください。

是非ご共有ください

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:4,061件
(平均77件/月・2018年6月~2022年10月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。


坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などを原因とし、腰から下部の臀部や脚に痛みやしびれを感じる症状です。