患者様の情報

60代女性

病名

  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症

患者様の状態

腰と背中、右のお尻に坐骨神経痛の症状があり、痛みと痺れに悩まされています。
常に痛みを感じている状態で、近隣の整形外科でリハビリやブロック注射をするも改善なく当院に来院されることになりました。


患者様の希望

趣味のダイビングを治療1か月後から始めたいと希望されています。


施術内容

DST法

治療前の造営検査の結果、椎間板の損傷を認めましたため4カ所にDST治療を行いました。

治療の様子は患者様と確認しながら行いました。


術後

治療後1時間ほど安静ののち、治療後の診察で治療効果が出るまでには3~6か月程お時間がかかることを説明し退院となりました。

※治療効果は個人差があります。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


椎間板変性症

椎間板変性症

椎間板変性症とは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が変形する疾患です。椎間板の変形により、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症やすべり症など様々な病気につながる恐れがあります。