患者様の情報

70代 女性

病名

  • 脊椎術後疼痛症候群(FBSS)
  • 脊柱管狭窄症

患者様の状態

3年前に脊柱管狭窄症に対して、外科的手術(固定術)を施行されるも両方の足に痛みが持続し、5分も歩けない状態が続いているとの事で、当院を受診されました。


診察と検査結果

第4腰椎と第5腰椎(L4/5)に後方固定術による、スクリュー挿入が見て取れます。
L4/5は固定されている為に、上下の腰椎に負担が増えてしまい、上部の第3腰椎と第4腰椎間の椎間板(L3/4)と下部の第5腰椎と第1仙骨間の椎間板(L5/S)に椎間板変性が生じ、L3/4では脊柱管狭窄症の合併を認めます。脊椎固定術後の隣接椎間障害という現象です。


施術内容

DST法

腰椎L3/4・L5/S部分にDST2箇所の治療を行いました。
局所麻酔で痛みはほとんどなかったのですが、患者様としては不安が強くございましたので、検査と治療の様子はご覧にならずに、治療を行いました。治療時間は14分でした。


術後

治療後は2時間ほどで、歩行いただき、しっかりと治療の様子を動画でご説明し、帰宅していただきました。

※治療効果は個人差があります。


院長より一言

外科的手術後の患者様に対しても、当院では治療が可能です、再度の手術が困難であったりする場合には、いつでもご相談ください。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。