こんな症状はありませんか?

  • 歩行中に立ち止まって休憩しないと歩けない
  • 朝起き上がるのが辛い
  • 座ったり横になっているとなんともないのに立ち上がると足に痛みが走る
  • 背筋を反らすと痛い

このような症状を挙げればきりがないのですが、すべて脊柱管狭窄症の患者様によく見られる症状です。脊柱管狭窄症とは背中の脊柱管という場所が狭くなり神経を圧迫していることを言いますが、腰骨のどの場所の神経を圧迫しているかによって症状が出る場所が変わることもあります。
例えば、お尻に近い腰骨の神経が圧迫されている場合は足の太ももやふくらはぎにしびれや痛み等が出ることがあります。

脊柱管狭窄症が神経を圧迫

脊柱管狭窄症の原因

原因は様々ですが、一番多い理由としては「経年劣化」が挙げられます。
加齢と共に腰に負担がかかり椎間板に損傷が起こるとボリュームが減り、薄くなります。
そうすると脊柱管の周辺にある骨に負担がかかり骨棘(骨に棘)ができたり、黄色靭帯が分厚くなったりします。やがて神経を圧迫し始めると腰痛、足の痛み、お尻の痛み、痺れに繋がっていきます。
また、脊柱管狭窄症は他の腰痛の病気を同時に発症している場合があります。

脊柱管狭窄症の説明

椎間板ヘルニアが進行すると脊柱管狭窄症になったり、椎間板の損傷が進み骨の位置がずれるとすべり症になったりすることもあります。
そのため、診断では脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症など腰骨の場所によって複数の病気が痛みやしびれの原因となっていることがあります。


脊柱管狭窄症に似た症状の病気

脊柱管狭窄症と似た症状の病気として「閉塞性動脈硬化症」という病気があります。
閉塞性動脈硬化症は動脈硬化によって抹消神経の動脈が狭くなることで血液の循環が悪くなる病気です。
脊柱管狭窄症の症状である「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」と非常によく似た症状が起こります。
冷感やしびれを感じ、長時間の歩行時に症状が出ることがあります。
病気が進行すると筋肉痛のような痛みがふくらはぎ出現し、歩くとつらくなって休憩するとまた歩けるようになるといった歩行障害を引き起こすこともあります。
ご自身で見極めることは非常に難しいため、「年のせい」だと長期間放置した結果、栄養が行き届かず最終的に壊死を引き起こすこともあります。
まずは脊柱管狭窄症なのか、閉塞性動脈硬化症なのか医師の診断を受けた上で治療されることをおすすめします。

間欠性跛行の写真

脊柱管狭窄症の治療方法

脊柱管狭窄症の治療方法は症状の出方によって様々です。
症状が軽い場合には痛み止めなどによる緩和、リハビリ、温熱療法などが推奨されます。それでも改善がない場合に手術を提案します。
しかし、脊柱管狭窄症で外科的手術となると切開をして骨や靭帯を削り、ボルトで骨を固定するというのが従来の症状方法になります。
現在は医療技術の発展により内視鏡などで傷口が小さく、入院期間も短い手術方法も選択できますが、ご高齢の場合手術が受けられない、体への負担が大きいことが挙げられます。
そこで第三の選択として椎間板治療があります。
脊柱管狭窄症の椎間板治療には当院のDST法が適応しています。
切開をせず、穿刺針(せんししん)と呼ばれる細長い針を使って薬液を椎間板に挿入します。その薬液が浸透すると椎間板の傷口を塞ぎ、徐々に再生させていきます。
このように治療方法は幅広いため、患者様のご希望に合わせて治療方法をご提案するように心がけております。


手術が必要な場合とは

では、どのような場合に手術が必要になるかというと歩行困難や排尿障害(尿や便が出にくくなること)が顕著な場合です。
歩行困難になると痛みもかなり強く出ていることが多いため日常生活に支障が出ている方に対して医師は外科的手術を推奨することがあります。
また、「ご趣味のゴルフや山登りを再開したい」「自由に旅行に行けるようになりたい」といった患者様のご希望に合わせて治療を行う場合もあります。
QOL(生活の質)を向上させる目的に合わせて治療を検討いただくことが望ましいと思います。


まとめ

脊柱管狭窄症は決して自然治癒する病気ではないため、放置していると病気が進行してしまいます。まずは現在の症状の原因とどのような方法で治療できるかご自身で知っていただくことが重要です。
当院にご来院いただく患者様のほとんどは60代後半から80代の中程度から重度の症状をお持ちです。
特に足の痛みやしびれ、歩行困難になっている方のお話をよくお聞きします。そうした脊柱管狭窄症の症状に対応するべく当院は一人ひとりの症状と向き合いQOLに合わせた治療法を提案することを心がけています。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。