患者様の情報

50代 女性

病名

  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を横から観察しており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っており、神経の通り道を脊柱管と言います。
このMRI検査では1箇所の椎間板が大きく飛び出しており、椎間板ヘルニアと呼ばれる状態になっており、その他2箇所の椎間板は潰れかけており薄くなっており、椎間板変性症と呼ばれる状態です。


施術内容

DST法

椎間板ヘルニア部分に関しては、PLDD(経皮的椎間板レーザー減圧術)を行い、椎間板変性症で潰れている椎間板に対してはDST(ディスクシール治療)を行っております。
今回は腰部椎間板L3/L4の1箇所にPLDD(経皮的椎間板レーザー減圧術)、L4/L5、L5/Sの2箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

局所麻酔で痛みを取り除き、治療用の管を椎間板まで挿入していきます。

椎間板の検査を行っておりますが、黒く映ってくる部分が椎間板の損傷部位であり、DST(ディスクシール治療)により、椎間板の修復を行いました。

椎間板ヘルニアの部分に対しては、PLDD(経皮的椎間板レーザー減圧術)を行っております。
この写真では、耳にイヤホンをつけておりますが、レーザー波の状態を確認しているところになります。

PLDD(経皮的椎間板レーザー減圧術)のテスト照射動画です。

治療時間は20分程でしたが、特に問題もなく治療は終了しております。


院長より一言

本日は74歳男性でDST(ディスクシール治療)後3ヵ月経過された患者様が来院されました。
元々歩行する事が困難でしたが、DST後より歩けるようになっておられました。
しかし、足裏のしびれの改善が無い為にご相談に参られました。
DST(ディスクシール治療)により改善はみられるのですが、部分的に症状が残存するケースもあり、歯がゆい気持ちになります。
今後しびれに関する新たな知見や治療法があれば、研修項目に追加する予定にしております。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,600件(平均75件/月・2018年6月~2022年5月まで)