患者様の情報

80代 女性

病名

  • 第4腰椎すべり症
  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

13年前に自宅で転倒した際に腰部を強打し、以後左坐骨神経領域の痛みとしびれがたびたび出現する状態になられました。
痛みとしびれは年齢を重ねるごとに増し、歩けない状態となられた為に当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を真横から見た写真で、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っております。
このMRI検査では1箇所椎間板が潰れており、腰椎がずれている部分が見られます。
腰椎がずれることをすべり症と言います。
その結果、足の神経が圧迫を受け、神経痛の原因となっております。


施術内容

DST法

通常であれば外科的手術も適応になる場合がございますが、患者様に腎不全や腸閉塞(単純性イレウス)の既往があり、体力的にもリスクが高いことからDST(ディスクシール治療)を選択されました。
今回は腰部椎間板L3/L4、L4/L5の2箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

局所麻酔を用いて、皮膚から椎間板まで治療用の管を挿入しております。

潰れた椎間板に治療用の管を挿入する場合は、神経に触れない様に細心の注意を払いつつ、複数の角度から椎間板の位置を確認します。

造影検査を行い、損傷した椎間板を確認しているところです。
黒く映っている部分がありますが、DST(ディスクシール治療)が必要な部分となっています。

治療時間は20分程度であり、2時間ほどベッドでお休みいただき帰宅していただきました。


院長より一言

本日治療させて頂きました患者様より「なかなか予約がとれないですね」と言われてしまい、返答に窮しました。
出来るだけ多くの患者様を診させていただくべく、外来予約の工夫も重ねておりますが、痛みに耐えながら診察をお待ちの患者様におかれましてはご迷惑をおかけしているのも事実でございます。
この場を借りお詫び申し上げます。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。


腰椎すべり症

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは背骨が前方や後方にずれてしまう疾患です。腰痛・足の神経障害の他に間欠性跛行(かんけつせいはこう)の症状を引き起こします。