スロベニアでの研修

2017年10月にスロベニア、リュブリャナ大学医療センターで行われた国際研修会に参加してきました。

参加したのはフランス・スロベニア・日本・スイスの医師と医療機器技術スタッフでした。
PIDT法(経皮的椎間板インプラント治療)の施術を行う上で重要な研修となりました。

PIDT法は、特に欧州でよく行われている椎間板ヘルニアに対する低侵襲治療です。
局所麻酔を用いて細い針を患部の椎間板に刺し椎間板内に、インプラント化するジェルを注入する事で、飛び出した椎間板(髄核)を引き戻し減圧するという治療法になります。
治療後にインプラントとして椎間板に残るため、緩衝(クッション)材として作用し椎間板機能の温存が期待される事から、レーザーやオゾン治療よりもPIDT法を推奨しています。
特に従来の椎間板切除術(MEDやPELD等)等の外科的手術による、合併症リスクを検討されている患者様や切開を必要とせず日帰りで受診できる身体に優しい治療なので高齢者の方にもおすすめできます。
2007年より50カ国 (欧州、北米、中南米、及びアジア)での臨床実績がある治療法です。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。