脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症は神経の通り道である「脊柱管」が狭くなることを言います。
脊柱管狭窄症の症状として腰痛や足の痛み・痺れ、また症状が悪化すると10分程歩くと歩行が辛くなり、休憩するとまた歩けるようになる間欠性跛行(かんけつせいはこう)という症状が出ることもあります。


脊柱管狭窄症で手術が必要なケースとは

保存的治療をしても効果がなく、慢性的な症状が発生している場合に手術を検討します。
または、日常生活に支障をきたすような症状(例えば歩行ができず車いすで生活している、排尿障害が有る等)がある場合は外科的手術を勧められるケースが多いです。
一般的には内視鏡手術(非固定手術)と脊椎固定術(固定手術)が主な手術方法となります。


脊柱管狭窄症の手術療法

手術の方法には大きく分けて2つあります。
MRIやレントゲン上、背骨の不安定性や変形が少なく、神経を圧迫している箇所が1箇所や2箇所など限定的な場合には非固定手術が適応になることが多く、側弯症(背骨が左右に曲がる)や重度なすべり症等の場合には固定術が適応になることが多いです。

固定手術

固定術

脊椎をボルトで固定し、椎間板の代わりに人工骨やスペーサーを設置し痛みや痺れを緩和させる方法です。
脊椎が不安定である場合や、背骨が変形している場合などに行われることが多い手術方法です。
脊柱管狭窄症の他にすべり症・不安定性腰椎症や側弯症の合併がある場合などにも用いられます。


非固定手術

椎弓を切除し、肥大した黄色靭帯を切除することで神経への圧迫を取り除く方法です。
内視鏡にて手術ができるため筋肉の剥離が少なく身体への負担も少ない方法です。
固定術に比べると術後退院も早期であるということも特徴の1つです。


低侵襲脊椎手術とは

低侵襲(ていしんしゅう)とは身体への負担が少ないことを言います。
内視鏡による手術が行われる前は背中を大きく切開し、皮膚や筋肉を切って手術をしていたため正常な皮膚や筋肉に与えるダメージが大きく1カ月程入院が必要でした。
しかし、切開範囲が狭くなり皮膚や筋肉に与える影響が少なくなったため入院期間の短縮・日常生活への早期復帰が可能になりました。
また、当院ではメスを使わない治療を提供しています。脊柱管狭窄症の対応するDST法は針(穿刺針)を背中側から椎間板(背骨の間にあるクッション機能)へアプローチし、治療を行います。 入院の必要はなく日帰りで翌日から日常生活を過ごしていただくことが可能です。

低侵襲脊椎手術の流れ

まずは受診をして現在の身体の状況の確認と低侵襲脊椎手術が適応になるかどうか診断を行います。

内視鏡手術

手術時間はおよそ1時間です。手術当日・翌日はベットに横向けになって安静にし、手術2日目からは歩行も可能です。入院は約1週間ほどです。
退院後はコルセットを装着し日常生活を過ごしていただくことができ、術後のご様子によってはスポーツ等は2・3ヵ月後から再開可能です。

当院の椎間板治療(DST法)

DST法
手術時間はおよそ20~25分程度。手術後1時間~2時間程安静にしていただき歩行が可能です。
日帰りで帰宅いただけるため入院はなく、術後1カ月程スポーツや重たい物を持つことを控えていただければ日常生活への制限は特にありません。


低侵襲脊椎手術の事例

当院では外科的手術を行っていないため椎間板治療による手術事例をご紹介します。
脊柱管狭窄症で治療を行った患者様の症例は「院長ブログ」に記載しております。


まとめ

脊柱管狭窄症は神経の通り道が狭くなることで現れる病名を指します。
脊柱管狭窄症には大きく分けて非固定術と固定術の手術方法があり、症状やMRI画像上の状態によって治療の選択肢が異なります。
当院では椎間板を治療することで脊柱管狭窄症を根本的に改善させる治療法を提案しています。
脊柱管狭窄症に対応したDST法は椎間板を修復・再生させることで痛みや痺れを改善させることを目的にした根本的治療です。
現在のお身体の状況や症状をご自身で把握し、治療をご希望される場合は十分検討の上、治療に臨まれることをお勧めします。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。