椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは椎間板と呼ばれる骨と骨の間にあるクッション機能が加齢や運動により過度な圧力が椎間板にかかることによって神経に飛び出すことを椎間板ヘルニアと言います。


椎間板ヘルニアかもと思ったら何科を受診する?

椎間板ヘルニアは整形外科を受診してください。
腰の痛み、足の痛みやしびれを感じる場合や代表的な症状としてぎっくり腰・坐骨神経痛も椎間板ヘルニアが原因の場合が多いためそのような症状を感じる場合は受診されることをお勧めします。


病院を受診する前のチェック項目

病院を受診する前に以下の内容を確認しておくようにしましょう。

  1. いつごろからどのあたりに症状があるのか
  2. 症状が出始めたきっかけに心当たりがあるか
  3. 日や時間によって症状の強さに変化はあるか
  4. 手術の経験はあるのか
  5. 現在どのような治療をしているのか
  6. 日常生活に支障があるのか?(歩きにくい・立ち上がるのが辛い等)

椎間板ヘルニアの診断・検査方法

検査はMRIもしくはレントゲン撮影が一般的です。当院ではMRI・レントゲンの両方を撮影し検査を行っております。
MRIは椎間板の状態が確認でき、レントゲンは骨の状態を確認することができます。
椎間板ヘルニアのようにヘルニアが神経に当たっている状態を確認することでどのくらい症状が進行しているのか確認します。
また、画像と共に重要なのが医師による問診です。
画像上、椎間板ヘルニアがかなり進んでいても症状はほとんど感じない場合もあれば、画像上軽度でも症状を強く感じている場合があります。
またどのような動作で症状が現れたり、強くなったりするかについて患者様とお話をしながら治療法を決定していきます。
またSLR・FNSテストという診断方法があり、膝を伸ばした状態で足を上に持ち上げた際太ももの後ろや脹脛や脛の外側が痛くなるかどうかを調べる診察方法があります。
このテストで痛みが強く出るようですと腰と仙骨の間の第五腰椎・第四腰椎にヘルニアがあると考えられます。


椎間板ヘルニアと間違えやすい病気

椎間板ヘルニアは神経から痛み・痺れが発生します。特に坐骨神経痛のような症状は椎間板ヘルニアに多く見られる傾向です。
しかし坐骨神経痛と同じように症状が似た病気があります。代表的な病気に梨状筋症候群・仙腸関節障害・椎間関節障害・臀皮神経障害があります。
こちらのURLに詳しい内容を掲載しておりますので参照ください。


まとめ

腰痛・足の痛み・痺れなど坐骨神経痛や繰り返しぎっくり腰になる症状があれば一度整形外科を受診されることをお勧めします。
受診される際は画像の撮影だけでなく、現在の症状・症状が出始めた時期など詳しく医師に説明することでより具体的な治療法を決定することできます。
当院では一人ひとりのお身体の状態を把握するためご予約時から症状や病名についてヒアリングをしております。また診察時間を長く取っておりますのでご不明点や疑問点など質問いただけますと幸いです。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,807件(平均76件/月・2018年6月~2022年7月まで)