椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは腰椎(背骨)の間にある椎間板の線維輪に傷が入り、中の髄核(水分)が外に飛び出し神経を圧迫することによって起こる痛みや痺れの症状が現れる病気です。


椎間板ヘルニアで症状が出ない場合

MRI画像上はヘルニアが確認できたとしても症状が出ていない場合があります。
これまでは神経を圧迫すると痛みや痺れが出るとされていましたが、最近の研究では炎症によって痛みや痺れの症状が出ることが分かってきています。
そのため神経に当たっても炎症がなければ症状が出ないことがあります。症状がない場合には運動をして筋力低下を防ぐ治療をしつつ様子を診ましょう。


椎間板ヘルニアは自然治癒する?

椎間板ヘルニアは自然に治ることがあります。
椎間板は二層構造になっており中心には髄核と呼ばれる水分があり、その周りを囲む線維輪があります。
線維輪に傷がつくと椎間板が不安定になり中から水分が出ようとします。
すると神経を圧迫してしまい椎間板ヘルニアになるのですが時間の経過とともに飛び出た椎間板が体内に吸収されて身体の外へ排出されることもあります。およそ2~3ヵ月程で症状がなくなることがほとんどです。


自然に消えにくい椎間板ヘルニアとは?

症状が3か月以上続く場合や何度もぎっくり腰を繰り返す、痛みや痺れが慢性化している場合などが考えられます。
飛び出したヘルニアが神経を圧迫し炎症が続いているため痛みや痺れが発生し、自然には治りにくいと考えられます。


治療が必要なケース

椎間板ヘルニアは状態によって治療方法が異なります。
ぎっくり腰になりしばらくすると治る軽度のヘルニアに関しては湿布を貼ったり、腰に負担のかからない姿勢や運動をします。
悶絶するほどの非常に強い痛みがある場合は早急に手術をして入院が必要な場合もあります。

保存療法を検討するケース

比較的症状が軽く、最近腰痛の症状が出始めた方には保存療法としてお薬やリハビリでの治療を検討する場合が多いです。
症状が軽い場合、お薬やリハビリで効果が出る場合も多く自然にヘルニアが治癒する可能性も高いため様子を診ながら治療を進めていく場合が多いです。

手術を検討するケース

保存療法で効果が出ない方や疼痛が強すぎて日常生活に支障をきたす場合には手術を検討します。
痛みや痺れが強くなるとお薬やリハビリでは効果がなく、また日常生活が困難で歩行ができないといった場合にも手術をすることが多いです。
但し、リスクも伴うため主治医と十分に相談をして上で手術を受けることをお勧めします。


まとめ

椎間板ヘルニアとは椎間板と呼ばれる組織に傷が入り、中の髄核が外に押し出され神経を圧迫することを言います。
椎間板ヘルニアになった場合、症状がでないこともあったり自然治癒することもありますが、慢性的な痛みが続いたり頻繁にぎっくり腰になる場合には治療が必要です。
治療方法は大きく分けて2つあり保存療法・手術です。軽い症状の場合は保存療法を検討し、慢性的な痛みや日常生活に支障が出るような痛みは外科的手術も検討されます。
このように椎間板ヘルニアと言っても症状は様々です。腰痛や足の症状がある場合は自己判断されず医療機関を受診することをお勧めします。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,807件(平均76件/月・2018年6月~2022年7月まで)