患者様の情報

80代 男性

疾患・症状


患者様の状態

30年以上前から腰痛を自覚されていましたが、今年に入り腰痛が悪化し、寝起きすることすら困難な状態となられたため当院を受診されました。


検査

MRI

腰のMRI検査です。腰全体にわたって、腰のクッションである椎間板が変形し潰れている状態です。特に第2腰椎と第3腰椎の間にある椎間板は完全に消失しています。長期間にわたって、腰に負担をかけ続けてきた状態と考えられます。


治療

DRT(椎間板再生治療)

椎間板治療を行ったとしても腰痛改善率は70%前後と判断されましたが、ご本人と相談し、治療を行っております。

治療風景①

治療時間が長くなる可能性が高いので、鎮静剤を使用させて頂きました。局所麻酔も多めに使用しております。

治療風景②

治療用の管としてNST針(椎間板専用の治療針)を使用しましたが、骨の変形が強い部分はPTC針(直線的で硬度の高い治療針)に変更し、透視装置のガイド下で椎間板に挿入しました。

20分近くかけて治療用の管を椎間板に挿入しました。前後と左右から治療用の管の位置に間違いがないか確認しております。この後は治療を行いましたが、5分程度で終了しております。

今回は椎間板が相当摩耗している状態でしたが、治療を行う事ができました。しかし、椎間板の隙間が治療針の直径である0.8mm以下までなくなってしまうと物理的に治療は不可能になりますので、腰痛や坐骨神経痛を治療するには早期の診察が必要だと思います。治療時間は32分でした。


院長の一言

甲子園①

昨日は雨模様ではありましたが、甲子園球場まで足を運んでおりました。

甲子園②

駅員デーとのことで、駅員風の紙帽子が配られたので被ってみました。試合は、激しい雨が降る事も無く、才木投手の力投もあり、西武ライオンズに見事勝利してくれました。さすが、我らが阪神タイガースです。

甲子園③

また、今日は夕方から、腰痛についての取材があるのですが、日焼けした顔が映るのが恥ずかしいです。


治療法

DRT法(椎間板再生治療)

治療期間

日帰り

治療費用

1,210,000円~1,540,000円(税込)

リスク・副作用

治療後は内出血・腫れ・発赤・疼痛・かゆみ・変色・および圧痛が発生することがあります。ごく稀に椎間板の容量が増えたことによって周りの筋肉・関節や靭帯などの広がりにより筋肉痛や腰の違和感が出現することもあります。

禁忌事項

血液疾患に罹患中の方(血小板減少症、高度の欠乏性貧血など)、感染に伴う全身症状(発熱など)、癌・悪性腫瘍と診断され術後治療中の方は治療できません。


この記事の著者

医療法人蒼優会理事長・NLC野中腰痛クリニック院長:野中康行

医療法人蒼優会 理事長
NLC野中腰痛クリニック 院長野中 康行

2002年:川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年:神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年:医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年:ILC国際腰痛クリニック開設、2020年:医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年:NLC野中腰痛クリニック開設、2023年:医療法人蒼優会開設・理事長就任


椎間板変性症

椎間板変性症

椎間板変性症とは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が変形する疾患です。椎間板の変形により、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症やすべり症など様々な病気につながる恐れがあります。