患者様の情報

40代 男性

疾患・症状


患者様の状態

15年以上前より急性腰痛症(ぎっくり腰)を自覚されていました。最近では起床時や車の運転、スポーツ後などに腰痛が出現しており、慢性腰痛症の状態になられておりました。整骨院等で様子を見られましたが、改善が乏しい状態であることから当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

治療風景①

腰のMRI検査ですが、複数の椎間板が潰れており椎間板変性症と呼ばれます。特に第4腰椎と第5腰椎の間の椎間板は容量が50%以上低下しており、高度椎間板変性の状態です。また飛び出した様な変形も伴っており、椎間板ヘルニアと診断されます。


施術内容

DST法(ディスクシール治療)

損傷している椎間板5箇所(L1/L2、L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/S1)に対して検査と治療を行いました。

治療風景②

見学室から治療室を見たところです。治療室の音声もスピーカーを通して聴く事が出来ます。

治療風景③

今回は鎮静剤を使用して寝ていただいた後に治療を開始いたしました。この写真は背中に部分麻酔をおこなっているところです。

治療風景④

治療用の管を挿入しているところです。患者様は寝ておられますので不安や痛みを感じられる事はありません。

椎間板を検査しているところです。椎間板の損傷と神経側への造影剤のリークを確認しているところです。この後椎間板治療を行っております。治療時間は19分でした。治療担当は副院長の石田貴樹先生でした。


院長の一言

4月末にジャカルタで当院の椎間板治療に対する医療懇談会が開催される事になりました。現地の大学病院への訪問も予定されております。私が参加したいところでしたが、治療予約が一杯で身動きがとれないため副院長(石田貴樹先生)に参加してもらう予定です。東南アジアといえば4年前に旅行に行った事を思い出します。

シンガポールにて
是非ご共有ください

この記事の著者

医療法人蒼優会理事長・NLC野中腰痛クリニック院長:野中康行

医療法人蒼優会 理事長
NLC野中腰痛クリニック 院長野中 康行

2002年:川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年:神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年:医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年:ILC国際腰痛クリニック開設、2020年:医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年:NLC野中腰痛クリニック開設、2023年:医療法人蒼優会開設・理事長就任


腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


椎間板変性症

椎間板変性症

椎間板変性症とは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が変形する疾患です。椎間板の変形により、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症やすべり症など様々な病気につながる恐れがあります。