患者様の情報

60代 女性

病名

  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症
  • 脊柱管狭窄症

患者様の状態

数年前より腰痛を自覚されており、近くの整形外科では椎間板ヘルニアと言われていましたが様子を見られていました。
しかし、昨年の11月頃より坐骨神経痛が出現するようになり、前かがみの姿勢や長時間の歩行など腰に負担のかかる動作で神経痛が悪化する状態となった事から、当クリニックを受診されています。


診察と検査結果

腰を横から見たMRI写真ですが、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションの働きがある椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っています。
このMRI検査では4箇所の椎間板が潰れており、飛び出した様な変形(椎間板ヘルニア)をしております。
また足の神経も圧迫を受け脊柱管狭窄症と呼ばれる状態であり、坐骨神経痛の原因と判断しました。


施術内容

DST法

潰れた椎間板を検査し治療する事で、坐骨神経痛の改善を図ります。
腰椎L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/S1部分の4箇所にDST法(ディスクシール治療)を行いました。

治療用の管を背中から挿入しているところです。
また今回は局所麻酔のみで、鎮静剤は使用せずに治療を行っております。

1箇所の椎間板が相当に潰れている状態であり、治療用の管を挿入する際に複数の角度から椎間板の状態を確認しているところです。

治療用の管が挿入し終わったところです。
椎間板の造影検査を行っておりますが、動画の後半で黒く映る椎間板が見えますが、その部位が損傷した椎間板の部位となりDST(ディスクシール治療)を行う部分となります。
治療時間は20分程度で、治療後2時間ほどで帰宅していただきました。


院長より一言

本日、脊柱管狭窄症による坐骨神経痛でお悩みの患者様より「先生の家族が同じ病気であればどうされますか?」とご質問を頂きました。
これは究極の質問です。
私は「まずリスクの低い保存的治療として、鎮痛薬とリハビリが第一である」とご説明いたしました。
さらに「保存的治療による効果が無いようであれば、椎間板治療や外科的手術を考慮するべきだ」とご説明させて頂きました。
椎間板治療と外科的手術のどちらを選択するかは、症状の重症度の違いで判断すべきであると思います。
非常に重症で進行が早く、麻痺がでるような状況では、高いリスクがあるとはいえ外科的手術を選択すべきであると考えます。
対して、外科的手術を行うほどの麻痺が出ていないのであれば、外科的手術よりもリスクが低い当院の椎間板治療は選択肢になると判断しています。
その上で最終的には患者様が判断されるべきだとも思っています。
治療方法の決定を医師に委ねられる方もおられますが、それぞれの治療法の利点と欠点をご説明し、患者様に決定していただいております。 忙しい毎日ではありますが、健康に気をつけ、引き続き患者様のお役にたてるように頑張っていきたいと思います。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。