患者様の情報

70代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎不安定症
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア
  • 変形性腰椎症

患者様の状態

9年ほど前より坐骨神経痛が出現したが、その当時は症状が軽く、日常生活にさほど支障はない状態であられました。
しかし年々神経痛が強くなり、最近では洗濯物すら休まずに干せなくない状態となられました。
元々持病があられ、外科的手術はリスクも高い事から当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のレントゲン写真です。
腰を前から写真で撮影しています。
腰は腰椎と呼ばれる骨が縦に並んで出来ておりますが、このレントゲン写真では腰椎が変形して並んでおり、腰が曲がっている状態が見て取れます。


施術内容

DST法

腰椎L1/L2、L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/S部分の5箇所にDST法(ディスクシール治療)を行いました。
腰椎と腰椎を繋いでいる椎間板が潰れ腰椎が動揺しますと坐骨神経痛が悪化してしまうので、椎間板を治療し、腰椎の動揺(腰椎不安定症)を改善することで神経痛の改善を図ります。

患者様は治療中の様子を見られたいとの希望がありましたので、鎮静剤は使用せず、局所麻酔のみで治療を行いました。
患者様にはうつ伏せに寝ていただき、治療用の管を背中から椎間板まで挿入しているところです。

腰の変形が強い為、治療用の管を挿入するのに手間取りましたが、しっかりと椎間板まで挿入する事ができました。

治療用の管を挿入後、造影検査をおこなっているところです。
黒く映っている部分が椎間板の損傷部位となりますので、DST(ディスクシール治療)を行いました。


治療後

治療後1時間30分後には歩いて頂きましたが、神経痛は5割程度まで改善を認めておりました。
今後の改善に期待が持たれます。


院長より一言

本日の症例は腰椎の変形が強く、治療用の管を挿入するには技術的に相当の習熟が必要と思われます。
手前味噌ですが、このレベルの腰椎変形に対して治療が可能な施設は、国内でも相当限られるものと推測致します。
当院では、難渋な症例や外科的手術後の患者様に対しても治療を行っております。
お悩みの患者様がおられるようでしたら、ご相談いただければ幸いです。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。