患者様の情報

80代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

20年以上前より坐骨神経痛は自覚されていましたが、それほど強い痛みではないことから様子を見られていました。
しかし最近になり歩行するたびに坐骨神経痛が出現し、5分程歩行すると休まなければ歩けなくなる状態になられたため当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を横から観察しております。
向かって右側が背中側で向かって左側がお腹側となります。
腰は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っています。
このMRI検査では3箇所の椎間板が潰れた状態で神経の通り道も狭くなっており、脊柱管狭窄症と呼ばれる状態です。


施術内容

DST法

潰れた椎間板の原因を検査し、腰椎L3/L4、L4/L5、L5/S部分の3箇所にDST法(ディスクシール治療)を行いました。

患者様より鎮静剤は使用しないとのご希望がありましたので、局所麻酔のみで治療を行いました。
背中に局所麻酔を使用し、治療用の管を椎間板まで挿入していきます。

椎間板が相当に潰れている為に治療用の管を挿入するのに手間取りました。
黒く映っている部分が椎間板の損傷部位であり、DST(ディスクシール治療)が必要になる箇所となります。

治療時間は18分程度でしたが痛みはさほどなく、2時間後には歩行し帰宅していただきました。


院長より一言

当院では椎間板の損傷が相当にある場合でも治療は可能となっております。
そのような場合でも有効率は下肢の神経障害に対して73~75%前後であり、症状改善に十分期待がもたれると思います。
本日ご紹介した患者様はゴルフがご趣味であり、プレーする事を期待しておられました。
当クリニックには何らかの運動を継続したいとの希望を持ってお越しになられる患者様が多くあられ、可能な限りご希望に沿った治療を提供しております。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。