患者様の情報

70代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

半年ほど前より臀部付近に痛みが出現したが様子を見られていました。
その後、大腿部背面に神経痛が出現するようなり、徐々に痛みの程度も強くなったことから、近くの整形外科を受診されました。
脊柱管狭窄症と診断され、内服薬が処方されましたが症状の改善が見られないため、当クリニックを受診されています。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を横から見ており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションの働きがある椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っております。
このMRI写真では3箇所の椎間板が黒くなっており、一部飛び出した様な変形を伴っています(変形部分を椎間板ヘルニアと言います)。
また足の神経の通り道も狭くなっており、脊柱管狭窄症と呼ばれる状態です。


施術内容

DST法

腰椎L3/L4、L4/L5、L5/S部分の3箇所にDST法を行いました。
損傷した椎間板を検査し治療を行う事で神経痛の改善を図ります。

今回は鎮静剤を使用せず、意識がある状態での治療を希望されました。
うつ伏せに寝ていただき、背中に局所麻酔を使用していきます。

椎間板の中に造影検査を行い損傷の程度を評価しているところです。
黒く映っている部分が損傷部位であり、DST(ディスクシール治療)の適応となる部位になります。
もし黒く映らない場合には、PLDD(経皮的椎間板レーザー減圧術)ないしPIDT(経皮的椎間板インプラント治療)を行う事になります。

治療後に複数の方向から椎間板を撮影し、治療に問題がないか確認しているところです。
治療時間は20分程度でした。


院長より一言

1月18日、大阪では1日のコロナ感染者数が6,000名を超えました。
私に限らず、多くの方々がこの2年、会食を控え、仕事終わりに寄り道する事もなく、家族旅行も控え、ひたすら感染予防に努めておられると思います。
この第6波が最後の大きな波であることを心から願いながら、日々変わらぬ診療を心がけてまいりたいと思います。
ただ本音を申しますと「もういい加減にしてくれ」と叫びたいです。
私に限らず、皆様も思われていると思います。
最後に愚痴を申しまして申し訳ございませんでした。


※12月22日(水)の振替として1月20日(木)は休診日となっております。
お電話、メールによるご予約・問い合わせは休診日に関わらず受け付けております。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。