患者様の情報

50代 女性

病名

  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

数年前よりぎっくり腰を繰り返されておられましたが、その都度数日の安静程度で改善している状態でした。
今年1月7日に今までとは痛みのスケールが異なる激痛が出現したため、近くの整形外科を受診されたところ、椎間板ヘルニアを指摘され、鎮痛薬で様子を見るように指示を受けられました。
しかし、改善が乏しい状態であったため、この度当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰を横から見たMRI写真ですが、腰は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また傍には足の神経が通っています。
このMRI写真では2箇所の椎間板が黒く映っており、飛び出した様な変形を伴っております。
飛び出した様な変形を椎間板ヘルニアと言い、椎間板性腰痛症の原因となります。


施術内容

PLDD法

腰椎L3/L4、L4/L5部分の2箇所にPLDD法を行いました。
椎間板は潰れている状態ではないことから、PLDD(経皮的椎間板レーザー減圧術)を行う事でヘルニアによる腰痛発作の改善を行う事と致しました。

治療用の管を挿入しているところです。
患者様は、少し痛みを感じられておられた為に慎重に管を操作致しました。

PLDD(経皮的椎間板レーザー減圧術)を行っているところです。
私の耳に管がついていますが、レーザー治療中に椎間板内の焼却音を確認する為です。

テストでレーザー照射しているところです。
この様にしっかりと熱量を上げ、椎間板内圧の減少を図っております。


院長より一言

近畿圏でのオミクロン株によるコロナ感染者数が軒並み上昇しております。
当院でもスタッフへの抗原検査を、自主的に行っておりますが、日々戦々恐々としております。
この先、第6波の感染者数のピークは2月を山場として迎えるのではないかと愚考しておりますが、楽観せず目の前の感染予防に努めてまいります。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

院長 野中 康行

NLC野中腰痛クリニックでは、DST法をはじめとする腰痛治療を行っています。海外の先進治療を導入することで、腰をはじめとする脊椎疾患に悩む患者様の治療の選択肢を広げ、症状や状態に合わせた治療を提案しております。 主に脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア等の対象疾患を中心に、ご高齢の方、再手術を検討する方、短期間での社会復帰を求める方にとって体への負担の少ない治療法を提供しています。