患者様の情報

70代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症
  • 坐骨神経痛

患者様の状態

昨年10月に突然坐骨神経痛が出現し、日常生活が出来なくなり、当クリニックを受診されました。
元々お仕事も重労働で腰に負担がかかっており、当院で検査を行ったところ脊柱管狭窄症が認められました。


診察と検査結果

腰のMRI検査です。
腰を横から見たMRI写真ですが、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎との間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には、足の神経が通っております。
このMRI画像では、複数の椎間板が潰れており、神経の通り道がせまくなっている状態でいわゆる脊柱管狭窄症と呼ばれる状況です。


施術内容

DST法

腰椎L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/S部分の4箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。
DST(ディスクシール治療)により、潰れた椎間板を修復する事で脊柱管狭窄症による症状の改善を図ります。

患者様にはうつ伏せに寝ていただき、局所麻酔を用いて皮膚から椎間板まで治療用の管を挿入してきます。

クッションである椎間板の状況を確認する為、造影検査を行います。
通常は黒く映ることはないのですが、この動画では、黒く線状に移る影が認められます。
この黒い影が椎間板の損傷を意味しており、DST(ディスクシール治療)が適応になる部位となります。

検査に続いてDST(ディスクシール治療)を行っているところです。


院長より一言

本日、約1年前にDST(ディスクシール治療)を行った患者様が来院されました。
元々あった脊柱管狭窄症による右足の坐骨神経痛は8割程度改善を認めておりましたが、腰部の痛みが新たに出現したためMRI検査を行いました。
その結果、第1腰椎の圧迫骨折が新たに見つかりました。
お話を伺いますと、正月にお孫さんを背負い転倒したとのことでした。
今後数ヵ月は腰痛が持続することをご説明し、鎮痛薬で対応させて頂きました。
当院の治療後であっても、無理な運動や油断をなされるとこの様な怪我をされることもございますので、気を付けていただければと存じます。

是非ご共有ください

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:4,061件
(平均77件/月・2018年6月~2022年10月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。