患者様の情報

70代 男性

病名

  • FBSS(脊椎術後疼痛症候群)
  • 隣接椎間障害
  • 脊柱管狭窄症

患者様の状態

脊柱管狭窄症に対して、昨年(令和3年)8月に脊椎固定術を施行されましたが、坐骨神経痛の改善が無く、歩行ができない状態が続いておられました。
外科手術を行われた病院では、手術を行っていない部分に脊柱管狭窄症が出現し、症状が持続しているのであろうと説明されたとの事でした。


診察と検査結果

腰のレントゲン写真で、腰を真横から撮影したものとなります。
向かって右側が背中側となります。
レントゲン写真では、背骨を固定する為のボルトが3箇所に挿入されています。
ボルトが入っていない背骨の部分では、背骨と背骨の間隔が狭くなっている状態です。


施術内容

DST法

ボルトが入っていない部分の椎間板に対して検査を行い、脊柱管狭窄症における神経症状の改善を図ります。
腰椎L1/L2、L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/S部分の5箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

局所麻酔を用いて治療用の管を椎間板まで挿入していきます。
局所麻酔のみで行いましたので、この間患者様は意識がある状態です。
約7分程度で管を挿入しました。

ボルトの入っていない椎間板を造影したところ、動画の様に黒く映る部分が描出されました。
椎間板が損傷している部位になります。
引き続きDST(ディスクシール治療)を行っております。


術後

2時間ほどで帰宅となりました。
帰宅時には疼痛が4割程度改善しており、今後の治療経過に期待されます。


院長より一言

近年、外科的手術後の再発に対する椎間板治療も増えております。
治療成績としては75%程度の有効率が期待されますので、お悩みの患者がおられましたら、電話だけでなくメールでも対応しておりますので、ご相談いただければと存じます。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,600件(平均75件/月・2018年6月~2022年5月まで)