患者様の情報

60代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛

患者様の状態

10年ほど前よりぎっくり腰を繰り返されておられましたが、安静にしていると良くなるため様子を見られていました。
5年程前より臀部から大腿の裏側にかけて痛みとしびれが出現するようになり、近くの整形外科を受診されたところ脊柱管狭窄症と診断されました。
外科的手術も検討されましたが、決心がつかない状態でご友人が当クリニックの治療で改善しているとの情報を得られ、今回受診される事になりました。


診察と検査結果

MRI検査ですが腰を横から見ております。
腰は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションの働きがある椎間板と呼ばれる組織があります。
また足の神経も腰椎と椎間板の傍を通っております。
このMRI写真では4箇所で椎間板が黒くなっており、飛び出した様な変形を伴っています(椎間板ヘルニアと言います)。
また足の神経の通り道も狭くなっており、坐骨神経痛の原因と考えられます(脊柱管狭窄症と呼ばれます)。


施術内容

DST法

椎間板を治療する事で脊柱管狭窄症による神経痛の症状を改善させる目的で、腰椎L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/S部分の4箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

今回は鎮静剤の使用をご希望されましたので、寝ていただいた後に検査と治療を行っております。
椎間板の状態を確認する為、造影検査を行いました。

造影検査の様子ですが、黒く映っている部分が椎間板の亀裂と損傷した部位を示しています。
その部位にDST(ディスクシール治療)を行いました。
計4箇所の治療を行っております。


術後

治療後1時間30分程で歩いて頂きました。
すぐに飛行機に搭乗なされるとの事でしたが問題ない旨説明しております。


院長より一言

昨日は成人の日でありましたが、オミクロン株の流行もあり、私自身は家族ともども自宅におり、近所の公園に出かける程度で出歩く事を極力控える日々が続いております。
患者様におかれましても、同様にストレスが多い日常が続いておられるかと思われますが、第6波もいずれ沈静化するはずであります。
コロナが気にならない世の中になるまでは、引き続き自分自身を律して、患者様の診療を遅滞なく継続できるように対応してまいります。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。


椎間板変性症

椎間板変性症

椎間板変性症とは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が変形する疾患です。椎間板の変形により、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症やすべり症など様々な病気につながる恐れがあります。