患者様の情報

40代 男性

病名


患者様の状態

2019年より坐骨神経痛を自覚されておられました。近くの整形外科でブロック注射などの保存的治療を行われましたが、徐々に症状が悪化する状態が続くために当クリニックを受診されておられます。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、3箇所の椎間板の容量が50%以上低下している状態です。椎間板ヘルニアなどで周囲に炎症が及ぶと神経障害が出現する状態です。


施術内容

DST法

損傷した椎間板を検査し、腰部椎間板L1/L2、L4/L5、L5/Sの3箇所に対してDST(ディスクシール治療)を行いました。

患者様のご家族がご見学になられており、ご家族は手術室の様子をこのように見られております。なお患者様は鎮静剤で寝ていただいております。

椎間板を検査している動画です。この後DST(ディスクシール治療)を行っております。

治療後の様子です。鎮静剤も効果が切れております。
治療時間は18分でした。


院長より一言

最近は患者様のご家族も治療の様子をご覧に頂く事が多くなって参りました。私も治療中の様子を見ていただく事には大賛成でして、リアルタイムで検査内容を説明することが出来ますし、実際に目の前で治療を行う事でご家族も治療を理解する事ができるからです。オープンな治療を心がけております。

是非ご共有ください

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:4,061件
(平均77件/月・2018年6月~2022年10月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などを原因とし、腰から下部の臀部や脚に痛みやしびれを感じる症状です。


椎間板変性症

椎間板変性症

椎間板変性症とは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が変形する疾患です。椎間板の変形により、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症やすべり症など様々な病気につながる恐れがあります。