患者様の情報

70代 男性

病名


患者様の状態

6年ほど前より左足にシビレを自覚されるようになられました。近くの整形外科では腰椎すべり症と診断をうけられ内服薬での治療を開始されています。1ヵ月ほど前より腰から足にかけて激痛が出現するようになり、当クリニックを受診されておられます。


診察と検査結果

このMRI検査では3箇所の椎間板が50%以上潰れている状態です。また足の神経も圧迫を受けており、脊柱管狭窄症と呼ばれる状態になっております。


施術内容

DST法

治療は石田先生が担当し、腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5の3箇所に対してDST(ディスクシール治療)を行いました。

治療前に入念に腰椎と椎間板の位置関係を確認しております。DSTを予定している場合は、潰れている椎間板の中でも局所に管を挿入する必要があるためです。

治療用の管の位置関係をレントゲン透視装置で確認しながら、こまめに管の向きを調整しております。

検査の様子です。この後DST(ディスクシール治療)を行っております。
治療時間は17分。痛みもほとんど感じられず治療は終了しております。


院長より一言

最近、腰痛リハビリの成績が上がってきております。さらに腰痛リハビリのスタッフにも海外研修を予定しておりますので、さらなる治療成績向上が期待されます。石田医師の研修は終了しておりますが、現在は山崎医師が研修に入っており医師育成も順調に経過しております。患者様のご期待に沿うべく、たゆまぬ努力を続けてまいりたいと思います。
その分、休日はゆっくりと静養したいとも思っております(笑)明日の日曜日は泉大津フェニックスでフェスがあり、感染予防に努めながら音楽を楽しむ予定です。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が外に飛び出し神経を圧迫する疾患です。坐骨神経痛、ぎっくり腰などの症状を引き起こします。


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。


腰椎すべり症

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは背骨が前方や後方にずれてしまう疾患です。腰痛・足の神経障害の他に間欠性跛行(かんけつせいはこう)の症状を引き起こします。


椎間板変性症

椎間板変性症

椎間板変性症とは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が変形する疾患です。椎間板の変形により、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症やすべり症など様々な病気につながる恐れがあります。