患者様の情報

80代 女性

病名


患者様の状態

12年前より足にシビレを自覚されておられました。近くの整形外科では脊柱管狭窄症と診断され内服薬での治療を受けておられましたが、シビレが徐々に強くなり歩く事もままならない状態となられ、当クリニックを受診されております。


診察と検査結果

このMRI検査では椎間板が複数か所で潰れている状態です。その結果腰椎が不安定となり、脊柱管が狭くなり神経の圧迫が生じております。この様な状態を脊柱管狭窄症と言います。


施術内容

DST法

椎間板に対して検査を行い、椎間板の損傷部位と原因を特定した後に、腰部椎間板L1/L2、L2/L3、L3/L4、L4/L5の4箇所に対してDST(ディスクシール治療)を施行しました。

部分麻酔を行っておりますが、痛みはあまり感じられませんでした。麻酔の針が非常に細いためです。(ワクチン用の針よりも細いです)

椎間板検査においては、患者様毎に特定の部位に針を留置する必要がありますので、細かく針の角度を調整しております。

椎間板を検査しておりますが、この後DST(ディスクシール治療)を行っております。
治療時間は19分で、治療中の痛みはほとんどなく(若干腰に違和感程度)終了しております。


院長より一言

昨日、スタッフより過去5年の治療件数の報告を受けました。3,500件を超えて今年度中に4,000件に到達するとの事でした。野球の3,000本安打ではないですが……。
コロナ禍ですが患者様のご紹介も増えており、選んでいただけるクリニックになりつつあると実感しております。また石田先生の治療担当件数も急増しておりますが、負けない様に頑張りたいと思います。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは背骨にある神経の通り道「脊柱管」が狭くなる疾患です。腰痛、足の神経障害や歩行困難などの症状を引き起こします。