患者様の情報

60代 男性

病名


患者様の状態

4年ほど前より腰痛を自覚されておられましたが、ご趣味であられるハイキングやゴルフは行う事はできておられました。6ヵ月ほど前より左の臀部と足に痛みとしびれが出現するようになり、満足に運動が出来なくなられ、リハビリ等をおこなわれましたが改善の兆しがなく当クリニックを受診されておられます。


診察と検査結果

腰を横から見たMRI写真ですが、向かって右側が背中側となります。腰は腰椎と呼ばれる骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎との間には、クッションである椎間板が存在しております。また腰椎と椎間板の傍には、足の神経が通っております。このMRI検査では第5腰椎と第1仙骨の間の椎間板が潰れており、坐骨神経痛の原因と考えられます。


施術内容

DST法

椎間板に対して検査を行い、腰部椎間板L5/Sの1箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

1箇所の治療であり局所麻酔のみで治療を開始しております。麻酔は十分量使用しております。

椎間板の潰れに併せて一部骨の変形がありましたので、治療用の管の形状を変化させる必要がありました。

椎間板内を検査しているとこです。

検査の動画となります。この後DST(ディスクシール治療)を行っております。
治療時間は、14分程でしたが骨の変形の為に少々難しい治療となりました。


院長より一言

本日は30歳代の男性にもPLDD(経皮的椎間板レーザー減圧術)をさせて頂きましたが、診察終了間際に、私のブログを見ていますと伺いました。私としては赤面致しましたが、うれしく思っております。患者様にご満足いただけるように引き続き努力精進してまいりたいと思います。昨日の休診日は、久々にゴルフ練習をしてまいりました。実はスコア100以下を目指しております。

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,867件
(平均76件/月・2018年6月~2022年8月まで)


坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などを原因とし、腰から下部の臀部や脚に痛みやしびれを感じる症状です。


椎間板変性症

椎間板変性症

椎間板変性症とは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が変形する疾患です。椎間板の変形により、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症やすべり症など様々な病気につながる恐れがあります。