患者様の情報

70代 女性

病名


患者様の状態

以前より腰痛と坐骨神経痛を自覚されておられましたが、徐々に悪化しはじめており、歩行もままならない状態になられました。
近くの整形外科ではリハビリ等をされておられましたが、改善も乏しく当クリニックを受診されておられます。


診察と検査結果

MRI検査ですが、腰を横から見ており、向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側となります。
腰は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションの働きがある椎間板が存在しております。
すぐ傍には足の神経も通っています。
このMRI検査では3箇所の椎間板が潰れており(元のサイズの50%程度まで減少)、またそれに呼応するような形で神経も圧迫を受け脊柱管狭窄症と呼ばれる状態になっております。


施術内容

DST法

今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5の3箇所に対してDST法(ディスクシール治療)を行いました。

患者様のご家族が見学される場合には、この写真の様にガラス越しで治療の様子をご確認いただいております。

患者様は鎮静剤の使用を悩まれておられましたが、最終的に治療の様子をご自身でも確認したいとのご希望がありましたので、局所麻酔のみで治療を開始しております。

治療用の管を挿入後に検査と治療を行いますが、この写真の様に患者様のお顔の近くまでモニター画面を移動させてご説明しております。

検査の様子ですが、指で指示した部分が椎間板の損傷した原因部分となります。
この後DST(ディスクシール治療)を行っております。

治療の経過を患者様にご説明をしているところです。
治療時間は16分であり、痛みもさほど自覚されることもありませんでした。


院長より一言

本日の症例は石田貴樹医師が行っております。
私から見た石田医師の人柄は、勉強熱心で患者様にやさしく、責任感が強い先生です。
当院で日帰り治療を開始して3年目になっており、技術的に申し分ないレベルです。
弱点は子供にやさしすぎる事で、子供の行事には欠かさず参加してしまうので、私が休めないことです(笑)。
また本日、石田先生より子供と播磨灘の家島にキャンプに行き、海でアワビやサザエなどを取ったりして楽しんだ話を伺いましたので、人里離れたところであれば私も検討したいと思っております。
皆様も感染予防に気を付けられ、お盆休みをお過ごしいただければと存じます。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,807件(平均76件/月・2018年6月~2022年7月まで)