患者様の情報

60代 男性

病名


患者様の状態

10数年前より腰痛を自覚されておられましたが、左足に疼痛としびれが出現し、お仕事にも支障が生じるようになられたため当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

このMRI写真では特に1箇所の椎間板(L4/5)が潰れており、上下の椎間板も飛び出した様な変形を伴っております。
また足の神経の通り道である脊柱管も狭くなっており、脊柱管狭窄症と呼ばれる状態になっております。


施術内容

DST法

4箇所の椎間板に損傷が疑われましたので、検査を行い、治療法を選択していくことと致しました。
今回、腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/Sの4箇所に対してDST法(ディスクシール治療)を行いました。

鎮静剤を使用し寝ていただき治療を開始しております。
比較的スムーズに治療用の管を挿入する事ができました。

潰れた椎間板(L4/5)では少々手間取りましたが、上手く神経に触れずに挿入できたと思います。

この後検査を行いましたが、椎間板の損傷が強くDST(ディスクシール治療)を中心に治療を行っております。
治療後は数分でお目覚めになられております。


院長より一言

昨日は23時頃までデスクワークをしており、帰宅したのが0時前となりました。
朝はいつもより1時間遅れの5時50分に起床しましたので、本日の診療に疲れは残しておりませんが、約1年前の資料や動画を集めたりしておりましたので、流石に45歳という年齢を感じた一日でした。
話は変わりますが、北米のパウザ医師よりDST(ディスクシール治療)の論文(査読前)が送られてきました。
第3者機関での治療評価がなされており信頼度が高い事、また治療後の効果も高く、経年的に症状の改善率が上昇しているとの内容でした。
非常に楽しみです。
今後、各医学雑誌への投稿が行われますので、皆様にも随時ご紹介したいと思います。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,807件(平均76件/月・2018年6月~2022年7月まで)