患者様の情報

60代 男性

病名

  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

3年ほど前より右足の痛みと痺れが出演し、歩くと症状が出現するが休むと改善する状態が続いておられました。
5ヵ月ほど前より左足にも痛みと痺れが出現する状態になられ、当クリニックを受診されておられます。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を横から見ており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っており、足の神経が通る部位を脊柱管と言います。
このMRI写真では3箇所の椎間板が飛び出した様な変形を見せており、椎間板ヘルニアと呼ばれる状態です。
また椎間板の厚みも薄くなってきております。


施術内容

DST法

椎間板の状態を検査し、損傷が軽ければPLDD(経皮的椎間板減圧術)またはPIDT(経皮的椎間板インプラント治療)を行い、損傷がひどければDST(ディスクシール治療)を行う方針としました。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5の3箇所に対してDST(ディスクシール治療)を行いました。

局所麻酔で痛みを取り除きながら、治療用の管を椎間板まで挿入しております。
17年間で5,000名以上の患者様を治療しておりますが、血管と神経を損傷しない様に非常に慎重さが求められるところです。

患者の目の前までモニター画面を移動し、椎間板検査の様子をご説明しております。
検査の結果で治療法が大きく異なりますので、分かりやすく説明しております。

黒く映ってくる部分は椎間板の損傷がひどい部分であることを示しておりますので、DST(ディスクシール治療)を行いました。
治療時間は18分程度であり、2時間後には歩いて帰宅していただきました。


院長より一言

子供達(小学生2人)が夏季休暇に入りました。
昨日は休診日でしたので、自宅でプールを用意して楽しみました。
子供は体力が有り余っており、私もついていけない程でした。
コロナ拡大により自宅軟禁の私にはよいストレス発散となりました。
お盆休み明けにはコロナ感染もピークを迎えると思いますが、夏休みは無いものと考え論文検索と読書に勤しみたいと思っております。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,807件(平均76件/月・2018年6月~2022年7月まで)