患者様の情報

80代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

相当前より(時期が不明)、臀部と足に激しい神経痛としびれが出現されておられましたが、持病もあり外科的手術はできない状態であられました。
リハビリをされ様子を見られる日々が続いておられましたが改善する事がない為に当クリニックを受診されておられます。


診察と検査結果

腰を横から見たMRI写真ですが、腰は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また傍には足の神経が通っています。
このMRI写真では、複数の椎間板が潰れており薄くなっており、神経の通り道も狭くなっている状態です。
いわゆる脊柱管狭窄症と呼ばれる状態です。


施術内容

DST法

椎間板に対して直接検査を行い、損傷の状態に合わせた治療を行ってまいります。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/Sの4箇所に対してDST(ディスクシール治療)を行いました。

背中に局所麻酔を行っております。
私の目線の先には透視画像があります。

骨の変形があり、神経も傍を通っておりましたので、治療用の管を変形させるなど工夫が必要でした。

検査の様子をご説明しているところです。
この後DST(ディスクシール治療)を行いました。
治療時間は15分程度でした。


院長より一言

私は17年程前に青藍病院でPLDDという椎間板治療を教えていたころは、不慣れのせいもあり、治療時間が30分程かかっておりました。
中には1時間近く治療に時間を要したこともありました。
最近はスムーズに治療を行えるようになってまいりまして、15分前後で治療を終了する事ができており、新人医師の教育やブログを書く時間が取れております。
引き続き研鑽に励み、患者様により良い治療が提供できるように、コロナにも負けない様に頑張ります。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,807件(平均76件/月・2018年6月~2022年7月まで)