患者様の情報

50代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

9年ほど前より腰痛が出現し始め、6年ほど前より両足に神経痛(坐骨神経痛)を自覚されるようになり、昨年の年末より新たに痺れが出現したために当クリニックを受診されました。
またブロック注射や鎮痛薬などでは改善が乏しい状態でした。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を横から見ており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また足の神経も傍を通っており、神経の通り道を脊柱管と言います。
このMRI写真では明らかに潰れている椎間板が2箇所あります。
また神経の通り道も狭くなり脊柱管狭窄症と呼ばれる状態です。


施術内容

DST法

潰れた椎間板にDST(ディスクシール治療)を施行し、脊柱管狭窄症による神経症状の改善を図ります。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/Sの4箇所に対してDST(ディスクシール治療)を行いました。

治療中の不安感をできるだけ感じないようにとのご要望もありましたので、鎮静剤を使用致しました。
寝ていただいたことを確認した後に治療を開始いたしました。

治療用の管を挿入する際に骨の変形があったため管の形状を変化させております。
最終的に15分程で治療は終了し、患者様もその場でお目覚めになられております。


院長より一言

本日は忙しく立ち回っており、汗をかきながらの診療となりました。
梅雨が戻ったかのような雨天であり、コロナ対策での換気で湿気を強く感じた1日です。
また午後の外来では、DST治療後4年経過した患者様が来院されました。
脊柱管狭窄症による坐骨神経痛も改善を認めており、MRI検査だけを希望されての受診であり、雨天にも関わらず私の心は晴天となりました。
引き続き患者様に笑って頂けるよう診療に励みたいと思います。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,807件(平均76件/月・2018年6月~2022年7月まで)