患者様の情報

70代 女性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

4月頃より右足の神経痛が出現し歩行が不自由になられました。
その後様子を見られていましたが、徐々に神経痛が広がり左足にまで痛みが出現する状態となり、犬の散歩もままならなくなったため当クリニックを受診されています。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っており、神経の通り道を脊柱管と言います。
このMRI写真では3箇所の椎間板が潰れており、足の神経の通り道である脊柱管も狭く脊柱管狭窄症と呼ばれる状態です。


施術内容

DST法

潰れた椎間板をDST(ディスクシール治療)により修復する事で脊柱管狭窄症による神経症状の改善を図りました。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5の3箇所に対してDST(ディスクシール治療)を行いました。

鎮静剤を使用し寝ていただいた後に治療を開始しております。
この写真では背中に部分麻酔を行っております。
同時に治療用の管と椎間板の位置関係を確認し神経に触れない様に配慮しております。

一番下の椎間板に管を通したのですが、椎間板が相当に潰れている状態でしたので管の形状を変化させております。

椎間板の状態を検査している動画です。
この後にDST(ディスクシール治療)を行っております。
治療時間は18分でした。
また患者様は、治療直後にお目覚めになられております。


院長より一言

本日の治療件数は4件でしたが、遠方からの患者様は2名でした。
東京からお越しの患者様は、お一人であられましたが、治療中に鎮静剤を使用しても問題なく帰宅していただいております。
私自身が治療される立場となった場合も鎮静剤で寝ていたいと思うくらいです。
また来週にはインドネシアから患者様がお越しになられます。
コロナ感染が落ち着いており渡航制限の緩和が為されていると伺いました。
忙しくなる予感しかせず、冷や汗がでそうですが、まずは夏バテしない様に体調管理に気を付けながら診療に従事してまいります。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,807件(平均76件/月・2018年6月~2022年7月まで)