患者様の情報

60代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

2年ほど前より右足に神経痛が出現し、長く歩けない様になられました。
少し休まれるとまた歩けるようになる間欠性跛行と呼ばれる状態です。
近所の病院で鎮痛薬やブロック注射等の治療をされておられましたが、症状の改善が乏しい状態であり、当クリニックを受診されておられます。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を横から見ており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っております。
このMRI写真では3箇所の椎間板が潰れており、飛び出した様な変形(椎間板ヘルニアと言います)を認め足の神経の通り道も狭くなっております(脊柱管狭窄症)。


施術内容

DST法

今回は腰部椎間板L3/L4、L4/L5、L5/Sの3箇所に対してDST(ディスクシール治療)を行うことで、神経症状の改善を図りました。

治療前の石田先生です。

治療前の私です。
治療前にはどのようにアプローチするか担当医と検討します。

石田先生が担当されておりますが、私も立ち合いを行っております。
この写真では、部分麻酔を行っているところです。

治療用の管が予定通り椎間板まで挿入されているか確認しているところです。

患者様に治療の方法をご説明しているところです。
痛みはさほど感じられませんでした。。

DST(ディスクシール治療)の様子です。


院長より一言

当院の治療担当医-3名 野中康行(45歳) 石田貴樹(46歳) 山崎文平(44歳)はみな同学年と言えます。
治療以外でも話も合いますので、連携が取りやすいチームです。
石田先生は治療もお上手で、当クリニックをお任せしようと思っている先生です。
もちろん私も診療や治療は継続していきますが、後進の育成にも力を注ぎたく思っている次第です。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,807件(平均76件/月・2018年6月~2022年7月まで)