患者様の情報

80代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

定年を迎えられた後に、本格的にマラソン大会に出場されるようになられていた方です。
75歳頃より両足の坐骨神経痛としびれが出現するようになり、歩行もランニングも困難となられました。
また脊柱管狭窄症と診断され、リハビリをされておられましたが、杖歩行となったことから当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査になります。
腰を横からみており、向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側となります。
腰は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
このMRI写真では2箇所で神経の通り道である脊柱管と呼ばれる部分が狭くなっており、脊柱管狭窄症と呼ばれる状態です。
また狭くなっている部分では、椎間板が潰れており、脊柱管狭窄症の原因と考えられます。


施術内容

DST法

今回は腰部椎間板L3/L4、L4/L5の2箇所にDST(ディスクシール治療)を行い、脊柱管狭窄症による症状の改善を図りました。

今回は、鎮静剤を使用し寝ていただきました。寝ていただいた後に部分麻酔を行っているところです。

治療用の管を背中から挿入しているところです。
大きな問題も無く挿入できました。

椎間板を検査し、DST(ディスクシール治療)を行いました。
治療時間は18分であり、鎮静剤の効果もあり、患者様としては楽に治療が終了しております。


院長より一言

6月(水無月)も終盤に入りました。
この新大阪の地で日帰り椎間板治療を開始し5年目に入っております。
月日が経つのが非常に早く感じておりますが、思い返すとこの4年間で関西北部地震や消費税増税、新型コロナ感染と非常に多くの出来事があった大変な4年であったと思います。
反対に当院での椎間板治療は順調で、治療成績も北米と遜色がないレベルであり、治療件数も4,000件を超えており、大きな問題も無く経過できました。
今後も腰痛患者様に選択していただける治療になるよう、努力してまいりたいと思います。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,807件(平均76件/月・2018年6月~2022年7月まで)