患者様の情報

60代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

今年の3月頃より右足に神経痛が出現し、歩きづらくなられました。
ちょっとした負担でも痛みが出現するため、近くの整形外科を受診されたところ、脊柱管狭窄症と診断をされました。
改善が乏しいことから、当クリニックを受診されておられます。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を真横から観察しており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経も通っており、神経の通り道を脊柱管と言います。
このMRI写真では、明らかに潰れている椎間板が2箇所(L4/5、L5/S)と椎間板ヘルニアが疑われる部分が1箇所(L2/L3)あります。


施術内容

DST法

椎間板を検査し、DST(ディスクシール治療)を行いました。
今回は腰部椎間板L2/L3、L4/L5、L5/Sの3箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

患者様にはうつ伏せに寝ていただき、消毒を行っているところです。

治療前に管を挿入する為のルート(道筋)をイメージしております。

治療用の管を挿入しているところですが、イメージしたルート(道筋)かどうか、レントゲン透視装置を動かし確認しております。

治療前の最終検査の動画です。
この後にDST(ディスクシール治療)を行っております。
治療時間は16分でした。
鎮静剤を使用しませんでしたので、少し痛みを感じられました。


院長より一言

本日の治療件数は5件と大変忙しく動き回りましたが、予定通りに治療を行う事ができました。
また本日はDST治療から約1年経過された70代の女性が来院されました。
痛みは概ね改善されたものの、足の痺れに関して改善が乏しい状態であられました。
投薬で様子を診る事になりましたが、痺れの改善が悪い理由として、もともとの神経障害が後遺症となっている事も考えられます。
引き続き、患者様の経過を診てまいります。
非常に蒸し暑い日々が続いておりますが、皆様も体調を崩されないようにお気を付けください。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,807件(平均76件/月・2018年6月~2022年7月まで)