患者様の情報

60代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

もともと腰に負担のかかるお仕事をされておられ、若い頃より腰痛を自覚されていましたが、足の痺れが出現したことから自由に歩く事が出来なくなってこられました。
事前にMRI検査のCD-Rを郵送していただき、治療が可能である事から今回外来を受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を真横から見ており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる骨が縦に並んできており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っています。
このMRI写真では、腰のベルトをされる高さの椎間板が3箇所潰れており、足の神経も圧迫を受けてた脊柱管狭窄症と呼ばれる状態です。


施術内容

DST法

潰れた椎間板に対してDST(ディスクシール治療)を行っております。
今回は腰部椎間板L3/L4、L4/L5、L5/Sの3箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

L5/Sの部分では椎間板が相当に潰れていますので、治療用の管を特注品に変更しております。
この写真では背中に部分麻酔を行っているところです。

モニター画面を見ながら治療用の管の位置を調整していきます。
集中力が必要でまばたきが出来ないところです。

患者様にモニター画面越しに、検査の様子をご説明しているところです。

患者様もご覧になられた椎間板治療中の動画です。
治療時間は都合16分であり、しっかりと検査と治療をさせて頂きました。


院長より一言

診察待ちの患者様が200名を超えており、大変ご迷惑をおかけしている状態が続いております。
可能な限り迅速に診察をさせて頂くべく診療時間の工夫を行っており、8月頃には待ち時間を短縮できる予定です。
引き続き診療に集中してまいります。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,600件(平均75件/月・2018年6月~2022年5月まで)