患者様の情報

70代 女性

病名

  • 椎間板変性症
  • 椎間板ヘルニア
  • 変形性腰椎症
  • 脊柱管狭窄症

患者様の状態

以前より腰痛を自覚されておられましたが、程度が軽く休まれると改善する状態であられました。
しかし、腰痛の範囲と程度が徐々に強くなり、前屈姿勢時や日常生活での負荷がかかると容易に腰痛が出現するまでに悪化してきた事から、当クリニックを受診されています。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を横から観察しており、向かって右側が背中側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んでできており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っており、神経の通り道を脊柱管と言います。
このMRI写真では椎間板が潰れ、変形も伴っており、神経の通り道も狭くなっております。
潰れた椎間板により腰椎に負荷が生じ腰痛が出現する、椎間板変性症と判断いたしました。


施術内容

DST法

損傷している椎間板を検査し、DST(ディスクシール治療)を行う事で腰痛症状の改善を図りました。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/Sの4箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

患者様より、出来るだけ痛みのない方法での治療をするようにご指示がありましたので、鎮静剤を使用し寝ていただきました。
この写真は部分麻酔を行っているところです。

治療用の管をスムーズに挿入し、椎間板の検査を行っているところです。

椎間板に対してDST(ディスクシール治療)を行っております。
治療時間は14分であり、患者様も治療直後にお目覚めになられました。


院長より一言

本日は治療が4件であり、明日は7件の治療が予定されております。
先日、治療をお待ちの患者様より、予約が取れず待てないとのお叱りを受けました。
治療体制の拡充を図っておりますが、体制が整いますのが8月頃となりそうです。
治療をお待ちの患者様には、大変ご迷惑をおかけしており申し訳ございません。
この場を借りまして、お詫び申し上げます。

是非ご共有ください

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:4,061件
(平均77件/月・2018年6月~2022年10月まで)


椎間板変性症

椎間板変性症

椎間板変性症とは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が変形する疾患です。椎間板の変形により、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症やすべり症など様々な病気につながる恐れがあります。


変形性腰椎症

変形性腰椎症

変形性腰椎症とは背骨の変形により骨の棘ができる疾患です。椎間板の変形や背骨の不安定性により骨の棘ができ腰痛や足の神経障害を引き起こします。