患者様の情報

50代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

3年ほど前より左足に神経痛を自覚されておられましたが、様子を見られていました。
症状の改善がなく、運動も不自由な状態となられ、特にゴルフの後には神経痛が強く出現する状態が続いておられる事から当クリニックを受診されています。


診察と検査結果

腰を横から見た写真(MRI検査)です。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在します。
またその傍には足の神経が通っています。
このMRI写真では複数の椎間板が薄くなっており、足の神経にも圧迫と炎症が生じている状態です。
この様な神経の状態を脊柱管狭窄症と言います。


施術内容

DST法

薄く損傷している椎間板に対して、DST(ディスクシール治療)を行う事で、神経症状の改善を図ります。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/Sの4箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

今回は部分麻酔のみで治療を開始しております。
意識がありますので治療中の様子もモニターでご説明する事ができます。

特に大きな問題も無く、治療用の管はスムーズに椎間板まで留置する事ができました。

患者様の目の前にモニター画面をご用意し、検査と治療のご説明を行っているところです。

患者様にご説明した動画です。
この後にDST(ディスクシール治療)を行っております。

治療時間は15分であり、治療後もしびれの改善が認められました。


院長より一言

本日の治療件数は4件でしたが、内3件は鎮静剤を使用させて頂きました。
私自身が治療を受けるとすれば、鎮静剤を希望致します。
理由は痛みや不安が無く楽だからです。(笑)
鎮静剤は治療後5分程度で切れるようになっており、しっかりと目が覚めますし、全身麻酔と異なり、副作用もほとんどありませんので非常に有用だと思っております。
痛みを取る治療ですので、痛みのない方法で患者様にご負担をおかけしないように配慮しております。
治療をご検討中の患者様におかれましては、鎮静剤の利用をご検討いただければと思います。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,600件(平均75件/月・2018年6月~2022年5月まで)