患者様の情報

60代  女性

病名

  • 腰椎すべり症
  • 椎間板変性症

患者様の状態

47年間、製造業に従事され、前かがみの姿勢を続けてこられていました。
長年腰痛を患っておられましたが、最近は特に痛みが強く、腰全体に広がる状態で足の神経痛も出現するようになられました。
近くの整形外科で痛み止めの注射等を行っておられましたが、改善が乏しい事から当クリニックを受診されております。
またご主人様も2年ほど前に当院で治療を受けておられます。


診察と検査結果

MRI検査ですが、腰を横から見ております。
腰は腰椎と呼ばれる小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しており、腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っております。
このMRI写真では3箇所の椎間板が潰れた状態になっており、腰椎も変形を伴っております。


施術内容

DST法

潰れた椎間板に対してDST(ディスクシール治療)による、修復治療を行いました。
今回は腰部椎間板L3/L4、L4/L5、L5/Sの3箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

最も楽な方法で治療をするように、ご指示を頂きましたので、しっかりと鎮静剤を使い完全に寝ていただきました。

寝ていただいた後は、部分麻酔を使用し、治療用の管を椎間板まで挿入していきます。

椎間板を検査しているところです。
この後DST(ディスクシール治療)を行っております。

治療時間は15分程でした。
鎮静剤は約20分間効果がありますので、治療後にしっかりとお目覚め頂きました。


院長より一言

実は私は大学時代にスキー部でアルペンスキーを少々かじっておりました。
その関係からスキー部の後輩である医師達(山崎医師と石田医師)と椎間板治療のチームを形成しております。
そのためチーム内では十分な意思疎通がとれておりますので、患者様に対し最善の治療を提供できる環境が整っていると自負しております。
烏合の衆ではなく、技術的にも精神的にも高めあえるチームを目指しております。
明日は阪神戦を観戦しようと思っております。

是非ご共有ください

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:4,061件
(平均77件/月・2018年6月~2022年10月まで)


腰椎すべり症

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは背骨が前方や後方にずれてしまう疾患です。腰痛・足の神経障害の他に間欠性跛行(かんけつせいはこう)の症状を引き起こします。


椎間板変性症

椎間板変性症

椎間板変性症とは背骨の間にある椎間板(ついかんばん)が変形する疾患です。椎間板の変形により、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症やすべり症など様々な病気につながる恐れがあります。