患者様の情報

80代 男性

病名

  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 椎間板変性症

患者様の状態

もともと腰痛は自覚されておられましたが、日常生活に制限は無く過ごされておられました。
2年程前より下肢の神経痛としびれが出現し始め、生活に制限がかかり運動も楽しめなくなられました。
徐々に悪化傾向を認める事から、当クリニックを受診されました。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を横から観察しており、向かって右側が背中側、向かって左側がお腹側となります。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んでできており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っており、脊柱管と呼ばれています。
このMRI検査では、明らかに潰れた椎間板が3箇所あり、その部分では足の神経も圧迫を受けており、神経痛の原因と判断されます。


施術内容

DST法

潰れた椎間板に対して検査を行い、DST(ディスクシール治療)を行いました。
今回は腰部椎間板L2/L3、L3/L4、L4/L5、L5/Sの4箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

患者様より、寝た状態での治療を行うように承りましたので、点滴より鎮静剤を投与した後に治療を開始しております。

椎間板の変形が強く、治療用の管を挿入するのに少々手間取りました。

椎間板の検査を行っているところです。
黒く映っている部分にDST(ディスクシール治療)を行っております。


術後

数分で患者様もお目覚めになられ、寝ていて楽だったと仰っていただきました。
なお、治療時間は20分でした。

院長より一言

昨日は休診日でしたので、旧友と共にゴルフを楽しみました。
数カ月ぶりのゴルフでスコアの方はさっぱりでしたが、良い天気で気分転換になりました。
コロナも落ち着きつつありますし、さらに診療が忙しくなる予感がしております。


この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック 院長 野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:3,600件(平均75件/月・2018年6月~2022年5月まで)