患者様の情報

70代 男性

病名

  • 腰椎すべり症
  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア

患者様の状態

15年ほど前より、徐々に臀部から下肢にしびれが出現するようになり、最近では歩行をする度に神経痛が出現するようになられました。
近くの整形外科では、腰椎すべり症と診断されていますが、改善を認めず徐々に悪化傾向である事から当クリニックを受診されています。


診察と検査結果

腰のMRI検査ですが、腰を真横から観察しております。
腰は腰椎と呼ばれる比較的小さな骨が縦に並んで出来ており、腰椎と腰椎の間にはクッションである椎間板が存在しております。
また腰椎と椎間板の傍には足の神経が通っております。
このMRI写真では、腰椎のずれが認められ、腰椎すべり症と言われる状態で、足の神経も圧迫を受けています。


施術内容

DST法

腰椎すべり症の原因となる椎間板損傷を修復することで、腰椎の安定化を図るとともに、神経痛の改善を図ります。
今回は腰部椎間板L3/L4、L4/L5、L5/Sの3箇所にDST(ディスクシール治療)を行いました。

局所麻酔のみでの治療を行っております。
もし痛みを強く感じるようであれば、鎮静剤を追加で使用する事も出来ます。

患者様は痛みを自覚されることが無かったので、鎮静剤は使用せず、治療中の様子を見ていただく事が出来ました。

椎間板の検査を行っておりますが、中等度の損傷が認められました。
黒く映っている部分にDST(ディスクシール治療)を行いましたが、傷が前後に分かれている為、少々治療に難渋致しました。
3箇所にDST(ディスクシール治療)を行い、治療時間は22分でした。


院長より一言

今後、当院では椎間板治療に関してDSTライセンス所得医師3名(野中、石田、山崎)の体制で行っていく予定です。
治療件数の増加に伴い、安定的に医療を提供する為には、チーム形成が必要不可欠とだと判断しております。
また、医師の教育に関しては、治療技術と能力を担保するために、海外研修を含めて一定水準以上の技量に達しなければDSTライセンスは所得できません。
複数の先生方より当院への問い合わせがございますが、ライセンス契約に関しては北米の信用調査もあり、すべての先生に対して色よい返事が出来ず申し訳なく思っております。

是非ご共有ください

この記事の著者

この記事の著者:野中康行院長

NLC野中腰痛クリニック院長野中 康行

2002年川崎医科大学卒業・医師免許取得、2006年神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院)勤務、2011年医療法人青心会郡山青藍病院(麻酔科・腰痛外来・救急科)勤務・医療法人青心会理事就任、2018年ILC国際腰痛クリニック開設、2020年医療法人康俊会開設・理事長就任、2021年NLC野中腰痛クリニック開設。

治療実績:4,061件
(平均77件/月・2018年6月~2022年10月まで)


腰椎すべり症

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは背骨が前方や後方にずれてしまう疾患です。腰痛・足の神経障害の他に間欠性跛行(かんけつせいはこう)の症状を引き起こします。